巨人・原監督、男泣き!天国の父・貢さんに捧げたV3!!:イザ!

2014.9.27 08:51

巨人・原監督、男泣き!天国の父・貢さんに捧げたV3!!

 神奈川で優勝を決められたのも、父と勝利への思いの強さの表れだったろう。

 父の死後、東京・港区青山に墓を購入した。寝ても覚めても野球ばかりだった父のため、両端にはボール型の石を2つ置いた。法名は「熱球院釋貢勝(ねっきゅういんしゃくこうしょう)」。名古屋へ移動した22日、墓前で優勝を誓い、そのまま乗り込んだ横浜で、父との約束を果たした。

 「この横浜スタジアムで胴上げできたことは、(父も)大変喜んでいると思います。『まだまだ』と言っているかな」

 リーグ優勝の回数は「魔術師」と呼ばれた三原修(のち脩)を超える7度目。巨人では11度の川上哲治、8度の水原茂に次ぎ、藤本定義に並んだ。だが、夢の続きは、まだ先にある。

 「さらに強いジャイアンツを目指す。まだひと山、ふた山、しっかりと乗り越えられるように頑張っていきたい」。昨年の日本シリーズで楽天に敗れた屈辱を晴らす。1カ月後の歓喜の瞬間まで、手綱を緩めず、動き続ける。(桜木理)

 ◆巨人・長嶋茂雄終身名誉監督 「終盤の広島、阪神との直接対決を制したことがリーグ3連覇につながった。ときにセオリーを超越した独創的な選手起用、試合運びをした原采配が光った。球団創設80周年の記念すべき年に優勝できて良かった」

関連ニュース