「道具」を大切にする心 「用具係」DeNA入来祐作に見たプライド:イザ!

2014.5.10 19:20

「道具」を大切にする心 「用具係」DeNA入来祐作に見たプライド

 一流選手はそのパフォーマンスでファンを魅了する。そして道具との向き合い方にも二流、三流選手との違いが現れる。プロ野球DeNA・1軍用具担当として奮闘する入来祐作(41)が出演する飲料メーカーのCMが話題を呼んでいる。わずか30秒のテレビCMに、この野球人の順風満帆とはいえない半生が凝縮されている。「不惑」の年を迎えた大リーガー、イチローの道具を大切にする気持ちは人一倍強い。道具を大切にすることは自分の体をいたわることに他ならない。

 ■「第2の人生」で得たもの

 BGMで流れるのは、1970年代のチューリップの名曲「青春の影」。若い選手のスパイクのひもが切れているのに気づいた入来が「道具を大事にせにゃ」と諭し、ひもを付け替える。「中年の星」のさりげない演技は実に渋く、クール。CM後半で、その若手がプロで初勝利を挙げた際のウイニングボールを入来にプレゼントする。“オチ”までついた「義理と人情」に訴えるCMなのだ。

関連ニュース