【アイラッシュをしている女性1,025人に調査!】その結果、眉メイクに悩んでいると判明…。眉の悩みを解決してくれるBROWTIST(R)(ブロウティスト(R))とは?

有限会社ティ・アール・コーポレーション

 アイラッシュをしている女性の7割以上が自分に合った眉毛の形を知らないと判明!

 アイブロウスクールのJAPAN BROWTIST SCHOOLを運営する、有限会社ティ・アール・コーポレーション(本社所在地:大阪市鶴見区、代表取締役:福森 鈴子)は、アイラッシュをしている女性を対象に、マスク生活と眉毛に関する調査を実施しました。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、マスクの着用頻度が増えました。

 同時に、マスクにより顔の半分が隠れたことで、目元だけをメイクした「マスクメイク」をする女性も増えていると言われています。

 そのため、アイラッシュに力を入れている女性も多いのではないでしょうか?

 目元の印象を大切にし、アイラッシュをすることはもちろん大事ですが、眉毛への意識はしっかりと持てていますか?

 どれだけ目元にこだわっていても、眉毛を整えていなければ印象も変わってきます。

 では、アイラッシュにこだわっている女性は眉毛に関してどのような悩みを抱えているのでしょうか?

 そこで今回、アイブロウスクールのJAPAN BROWTIST SCHOOLhttp://eyebrow.co.jp/)を運営する、有限会社ティ・アール・コーポレーションは、アイラッシュをしている女性を対象に、マスク生活と眉毛に関する調査を実施しました。

マスクメイクへの意識が判明!

 はじめに、マスクメイクへの意識に関して伺っていきましょう。

 「マスクメイクを意識してやっていますか?」という質問をしたところ、6割以上の方が『はい(65.7%)』と回答しました。

 アイラッシュをしている女性の多くがマスクメイクを意識していることが分かりました。

 では、具体的にどのようなマスクメイクを意識しているのでしょうか?詳しく聞いてみました。

■マスクメイクで意識していること

 ・スッピンに見えないように目や眉をはっきりさせる(20代/会社員)

 ・目元のメイクしかしないのでいつもよりアイラインを丁寧に引くなどしている(20代/会社員)

 ・口元で色味を使えない分、目元などは少し濃いめにしてる(30代/専業主婦)

 ・マスクは目元が強調されるが表情が分からないのできつい印象を与えないようメイクしている(30代/無職)

 などの回答が寄せられました。

目元のメイクで難しいと思うのは眉メイク!?

 マスクを着用していると鼻より上しか見えない状態となります。

 そのため、マスクメイクの際には目元のメイクに力を入れている方も多いでしょう。

 では、目元のメイクで難しいと思う場所とはどこなのでしょうか?

 「目元のメイクで難しいと思う場所を教えてください」と質問したところ、『眉メイク(44.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『アイライン(28.9%)』『まつ毛(15.2%)』『アイシャドウ(11.0%)』と続きました。

 眉毛は顔全体の印象に関わるパーツでもあるので、上手にメイクするのに苦戦している方が多いようです。

 眉毛の印象で顔を優しくしたり、凛としたイメージをつくったりするため、眉メイクは目元メイクのなかで非常に重要かもしれません。

8割以上の方が美容サロンのアイブロウケアは気に入ったと回答!

 先程の調査で、目元のメイクで難しいのは眉メイクと判明しました。

 自分でやるのが難しいなら、美容サロンなどでプロにお願いするという方法もあります。

 では、美容サロンのアイブロウケアメニューを受けている方はどのくらいいるのでしょうか?

 「美容サロンでアイブロウケアメニューを受けたことがありますか?」という質問をしたところ、3割以上の方が『はい(34.6%)』と回答しました。

3人に1人の女性が、美容サロンでアイブロウケアメニューを受けたことがあるようです。

 では、その満足度はどうなのでしょうか?

 「美容サロンのアイブロウケアは気に入りましたか?」という質問をしたところ、8割以上の方が『とても気に入った(29.7%)』『どちらかといえば気に入った(53.8%)』と気に入ったと回答しました。

 美容サロンで眉の施術を受けている方はまだ多くはないようですが、施術結果に気に入っている方は多いようです。

今の自分の眉毛が左右対称ではないことを気にしている方が半数以上もいると判明!

 ここまでの調査で、目元のメイクでは眉メイクが難しいことや、美容サロンのアイブロウケアメニューを受けたことがあるかなど明らかになりました。

 では、多くの方が悩んでいる眉毛に関して、具体的にどのようなことを気にしているのでしょうか?

 「今の自分の眉毛で気にしているところを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『左右対称ではない(53.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『眉毛の形がちぐはぐ(36.9%)』『整え方が分からない(29.9%)』『剃り残しの跡が気になる(24.1%)』『眉毛が生えてこない(16.5%)』『特に気になるところはない(8.5%)』『テンプレートを使用しないと描けない(8.2%)』と続きました。

 眉毛は左右で生え方が違うこともあり、左右対称に整える必要があります。

 また、眉毛の形がちぐはぐなことや、そもそもの整え方が分からないといった方も少なくないようです。

 目元のメイクで眉メイクが難しいという回答が多かったのも、自身の眉毛を上手に整えられていないことが関係しているのでしょうか?

 これらの結果から、自身の眉毛への理解をもっと深める必要があるのかもしれません。

 では、そんな眉毛の悩みを解決するために、どのようなことに取り組んでいるのでしょうか?詳しく聞いてみました。

■眉毛の悩みを解決するために取り組んでいることとは?

 ・眉のテンプレートを使っている(20代/学生)

 ・動画を見て綺麗な整え方を調べる(20代/学生)

 ・極力左右対称になるように、あらゆる角度から微調整する(30代/パート・アルバイト)

 ・定期的に電動カミソリで整えている(30代/パート・アルバイト)

 などの回答が寄せられました。

自分に合った眉毛の形を知っていますか?その悩みBROWTIST(R)(ブロウティスト(R))が解決するかも!

 眉毛は顔の雰囲気や印象を決める大切なパーツであるため、自分に合った形に整えたいですよね。

 しかし、先程の調査で判明したように眉毛に悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

 もしかしたら、自分に合った眉毛の形を知らないのかもしれません。

 そこで、「自分に合った眉毛の形を知っていますか?」という質問をしたところ、7割以上の方が『知らない(72.7%)』と回答しました。

 なんと、自分に合った眉毛の形を知っている方は非常に少ないようです。

 眉毛も髪型と同じく、その人の顔の形や顔のパーツのバランスによって、似合う形が決まります。

 突然ですが、『BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))』という眉毛のプロをご存知ですか?

『BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))』は、アイブロウティスト、アイブロウアーティストとは違い、眉毛施術に関する技術を徹底的に学んだ、アイブロウケアのプロです。

 では、どのくらいの方が『BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))』の存在を知っているのでしょうか?

 「『BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))』という眉毛のプロがいることを知っていますか?」と質問したところ、8割以上の方が『知らない(81.5%)』と回答しました。

 『BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))』とは、アイブロスクールのブロウティスト検定試験で、深い知識と高い技術力を必要とするスリースター(★★★)以上を獲得して初めて名乗ることを許される、アイブロウケアのプロフェッショナルです。

 眉のプロフェッショナルによる施術を受けられるため、今まで美容サロンのアイブロウケアメニューよりもさらに質の高いサービスを求めている方や、自分に合った眉毛の形を知らない方にとって、なくてはならない存在かもしれません。

 眉毛に少しでもお悩みの方は、BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))のいるサロンを検討してみることをオススメします。

【まとめ】眉毛に悩んでいる女性は多い…そのための解決方法は?

 今回の調査で、アイラッシュをしている女性のマスクメイクへの意識や、メイクが難しいと思う場所が明らかになりました。

 アイラッシュにこだわるのはもちろん大切ですが、眉毛も意識しないと目元のバランスが崩れてしまう可能性もあります。

 眉メイクが難しいと感じ、美容サロンのアイブロウケアメニューを受けた方もいましたが、まだ割合としては3割ほどと少ないようです。

 眉毛は顔の印象を決める重要なポイントです。

 自分に合った眉毛の形を知ることで、より印象的に相手に映るかもしれません。

 また、眉毛に関して多くの方が気にしているように、アイブロウケアへの重要性が高まっていることが考えられます。

 眉毛で悩む方がここまでいるということは、眉毛サロンへの需要が年々高まっていくのかもしれません。

 今のうちから、将来の備えとして眉毛を整えるための資格を取ってみませんか?

眉毛に悩む方は『BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))』に相談しましょう!

 「結局眉毛って自分で整えてしまう…」

 「この前行ったサロンで眉毛を整えてもらったけど正直微妙だった…」

 そんな悩みを抱える方は、『BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))』のいるサロンに行くことをオススメします。

 BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))とは、JAPAN BROWTIST SCHOOL(http://eyebrow.co.jp/)というアイブロスクールのブロウティスト検定試験で、深い知識と高い技術力を必要とするスリースター(★★★)以上を獲得して初めて名乗ることを許される、アイブロウケアのプロフェッショナルです。

 BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))は全国のサロンにおり、相談することで自分に合った眉毛を知ることができます。

 さらに、お客様がメイクをしやすいよう、自眉をデザインし整えて、明日からのメイクアドバイスまで行っているため、これまで難しかった眉メイクも簡単にできるようになります!

 眉毛に悩みを抱えてる方は、お近くのサロンにBROWTIST(R)(ブロウティスト(R))がいるか一度確認してみるのと良いでしょう。

詳しくはコチラhttp://eyebrow.co.jp/salon.html

JAPAN BROWTIST SCHOOLで『BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))』を目指しませんか?

有限会社ティ・アール・コーポレーションが運営する、アイブロウスクールのJAPAN BROWTIST SCHOOLhttp://eyebrow.co.jp/)では、眉毛施術に関する技術を学ぶことができます。

 長年の眉研究の中で、顔のバランスを整え、「美人顔」へと変化させるために「眉」をデザインするだけでは叶えることができない技術の存在がありました。

 選ばれ続けるBROWTIST(R)に?かせない2つの知識・技術。

 それが、心と顔の関係を解く【眉学】と筋肉・骨格の成り立ちで顔のバランスを整える【整顔学】です。

 2017年、JAPAN BROWTIST SCHOOLはついに、これらすべての取得に向けたカリキュラムを完成させました。

 また、JAPAN BROWTIST SCHOOLには、眉を自由にデザインするために必要な、2つの技術の全てを習得できるカリキュラムがあります。

ista眉ワックス脱?技術取得プログラム

WILL BROW眉エクステ技術修得プログラム

 JAPAN BROWTIST SCHOOLのカリキュラムは、日本で培われた”JAPAN クオリティー”の技術を習得できる完全オリジナルプログラム「J. BROW METHOD」に基づいて構成されています。

 それは海外輸入の技術とは一線を画した、日本製ならではの「安全性」「繊細さ」をかね備えています。

 一人ひとりの魅力を引き出す「オーダーメイド眉デザイン」の実現は、J. BROW METHODでしか成しえません。

 スクール誕生から15年、私たちJAPAN BROWTIST SCHOOLは、眉形成に深い知識と高い技術を持ち、技術者として愛され続ける真のプロフェッショナル「BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))」を数多く輩出し続けています。

 一流のブロウティストへ導くJBSのフォロー制度BROWTIST(R)(ブロウティスト(R))検定試験など、JAPAN BROWTIST SCHOOLならではの特徴も数多くあります。

 今回の調査で、眉毛に悩みを持っている方が多数いることが判明しました。

 まだ浸透しきれていませんが、眉毛も今後自分で整える時代からサロンで整える時代に変わるかもしれません。

 「美容師資格を活かしたい方!」

 「新メニューとして顧客幅を広げたい!」

 「新規開拓していきたい!」

 「お客様満足度を上げたい!」

 と考えている方は、ぜひJAPAN BROWTIST SCHOOLの受講を検討してみるのはいかがでしょうか?

 ■JAPAN BROWTIST SCHOOL(有限会社ティ・アール・コーポレーション):http://eyebrow.co.jp/

 ■お問い合わせ:http://eyebrow.co.jp/inquiry.html

 ■TEL:0800-111-2860【受付時間】10:00~17:00 【定休日】休日・土日・祝日

 ■MAIL:info@eyebrow.co.jp

 調査概要:マスク生活と眉毛に関する調査

 【調査期間】2020年7月14日(火)~2020年7月16日(木)

 【調査方法】インターネット調査

 【調査人数】1,025人

 【調査対象】アイラッシュをしている女性

 【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ