「九州豪雨災害支援コンソーシアム」を発足し、災害支援を開始します。

福岡地域戦略推進協議会

 福岡地域戦略推進協議会(福岡市中央区 / 事務局長 石丸修平 / 以下FDC)と、FDC会員213団体が実施している「エール!FUKUOKA」は、2020年7月17日(金)に「九州豪雨災害支援コンソーシアム」を発足し、豪雨災害に見舞われている地域の支援を開始します。

https://yellfukuoka.com/

コンソーシアムの概要

【コンソーシアムへの参画団体】

 「九州豪雨災害支援コンソーシアム」への参画団体は以下の通りです。

【支援内容】

 被災地域への具体的な支援内容として、支援金の寄付および物資(マスク、タオル、栄養補給ゼリーなど)の提供などを行います。

寄付および物資の提供先

 今回の九州豪雨災害は、被災地が九州全域に跨ることから、複数の団体と連携して支援を実施します。

 特定非営利活動法人 アジアパシフィックアライアンス・ジャパン / https://a-padj.org

 公益社団法人 佐賀未来創造基金 / https://saga-mirai.jp

 一般社団法人 Civic Force / https://www.civic-force.org

 一般社団法人 熊本支援チーム / https://kumamoto-team.net

 福岡市 / https://www.city.fukuoka.lg.jp/bousai/202007hrshien.html

エール!FUKUOKA参画団体について

 下記の企業・団体を含むFDC会員213団体が、エール!FUKUOKAへ参画しています。

 ※詳細は右記URLよりご確認ください。 (http://www.fukuoka-dc.jpn.com/?page_id=792

エール!FUKUOKAについて

 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の発生と、それに伴う緊急事態宣言の発出によって世界的に日常が一変してしまった2020年。市民生活への影響は甚大で、その範囲は、経済、産業、教育、医療、福祉、文化など多岐にわたり、見通しも立たない状況です。人類は今、大きな変化を余儀なくされ、また、将来に向けての対応を迫られています。エール!FUKUOKAは、この全く新しい環境の中にあって、変化しながら前進を続ける福岡・九州の企業や団体、そして市民・県民の方々を支援する取り組みです。新型コロナの影響を重く捉えつつも、「Withコロナ/Afterコロナ」という新しい世界への解釈をベースに、新しい価値を創造し、トライしている企業や団体をフィーチャーしてその進化を促します。

https://yellfukuoka.com/

事業者概要

福岡地域戦略推進協議会(FDC)

 福岡市中央区天神1-10-1 市役所北別館6F

 事務局長 石丸修平

 福岡の新しい将来像を描き、地域の国際競争力を強化するために成長戦略の策定から推進までを一貫して行う産学官民一体のシンク&ドゥタンク。

http://www.fukuoka-dc.jpn.com/

本リリースに関するお問い合わせ

 福岡地域戦略推進協議会

 Web:https://yellfukuoka.com/contact/

 (こちらのフォームよりお問い合わせください)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ