大人気イタリアンKNOCKが考案『つくりおき野菜ペーストレシピ』発売!冷蔵庫の材料×ミキサーで、驚くほど美味しいプロの味が作れる裏ワザが満載。ポイントは“何を入れるか”ではなく“どう加工するか”

株式会社旭屋書店
旬な作家の意外な素顔が・・・?旭屋書店「本TUBE」ピックアップ本、著者出演インタビュー企画!【旭屋書店主催イベント:著者出演インタビュー】

旭屋書店では、1月8日から各店舗で“一流レストランの味を実現する一冊"にて、KNOCK CUCINA BUONA ITALIANAの横山剛さんと梶原政之さんによる『つくりおき野菜ペーストレシピ』をご紹介&本書をフィーチャーした『本TUBEニュース』コーナーを設置!連動して、1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画、ピックアップ本の著者への直接インタビューも開催!今回は、『つくりおき野菜ペーストレシピ』発売を記念し、お二人に、語っていただきました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/13301/79/resize/d13301-79-404142-4.jpg ]

◆本編再生はコチラ!
http://www.hon-tube.com/pc/movie.php?movieid=2405

旭屋書店では、カジュアルイタリアン・KNOCK CUCINA BUONA ITALIANAの横山剛さんと梶原政之さんによる『ミキサーを使えば時短でプロの味!つくりおき野菜ペーストレシピ』 (幻冬舎)発売を記念し、著者インタビューを実施した。KNOCK CUCINA BUONA ITALIANAは、気の合う仲間と気軽にワイワイ楽しみながら、がっつりご飯を食べていただきたい!をコンセプトに、「うまい料理とワインをカジュアルな価格で気軽に使える食堂」として六本木、東京ミッドタウン、恵比寿にて展開中の大人気イタリアン。今回この本では、KNOCKが考えた、野菜ペーストを使ったレシピをご紹介。ミキサーを使ってあっという間にできる野菜ペーストの作り方と、そのペーストを使ったアレンジレシピが紹介されている。冷凍庫につくり置きしておくだけで、1カ月の調理がラクに、栄養満点に、さらにはぐっと美味しくなるという画期的な魔法のレシピが満載。本インタビューでは、本著を手掛けた、KNOCKを経営する株式会社マザーレストランツ代表取締役の横山さんと、KNOCKの総料理長を務める梶原さんに話を伺った。

--野菜ペーストの本を出そうと思ったきっかけは、何だったんですか?

梶原さん: KNOCKをオープンしてから、パスタのソースを、クラシックなトマトソース、クリームソース、オイルベースの三種類にするところを、ベースをお野菜のソースにしてみて、色々なことをやり続けたんです。玉ねぎとかトウモロコシとか、色々な種類のお野菜のペーストができたときに「ちょっと形に残したいね」っていう気持ちが出てきたんです。化学調味料などを使わない安全なもので作るペーストを活用することで、意外と簡単に作り続けられたことが、この本を出すきっかけにつながっていますね。
[画像2: https://prtimes.jp/i/13301/79/resize/d13301-79-435287-2.jpg ]

--この本に載っているトマトペーストを作りました。フルーツトマト、塩、砂糖、オレガノ(ハーブ)とオリーブオイルという、家にあるもので、一時間以内に美味しく作れましたね。

横山さん: お母さんや料理をされる方とお店で話している時に、「なんでこれ、こんなに美味しいんですか?何が入ってるんですか?」と聞かれるんです。でもポイントはそこにトマトが入ってるからじゃなくて、トマトをどういう風に加工するかが重要なんです。玉ねぎを長い時間かけて炒めることで凝縮して、濃厚な味のきっかけになりますよね。玉ねぎをただ入れるだけでは、だめなんです。

--あと、手軽なものっていうと何がおすすめですか?

梶原さん: 「玉ねぎの旨味ペースト」、これが一つあればミートソースを短時間で作ることができるし、これを牛乳で溶けば玉ねぎのポタージュにもできるのでおすすめですね。
[画像3: https://prtimes.jp/i/13301/79/resize/d13301-79-769858-3.jpg ]

--この本のレシピでよく使われている「野菜のブロード」というのは、お出汁みたいなものですか?

梶原さん: 本来捨ててしまう、ごみ箱に入ってしまう、キャベツの一番外側の青い堅い皮とかキャベツを使う時の芯、そういったものを捨てずに水で煮出して作ります。人参の上下や、大根、トマトのへた、キノコの石づきもそうですね。

横山さん: レストランをやっている多くの人は、お肉、お野菜、魚、貝など、色々な出汁を取っていると思います。そういうものは家庭ではなかなか難しいけど、野菜だったらシンクにポイポイと捨てるやつをためておいて、それを煮出せばちょっとした裏技になるんです。

--この本はどんな人に読んでほしいですか?

横山さん: 20代前半の女子の冷蔵庫に確実に入っているのは納豆と聞いたことがあるんです。それがこの本で紹介している野菜ペーストに変わったらいいなと思っています。野菜ペーストは、ご飯にかけただけでも美味しいんです。本に載っている、キノコのソースなんかとてもご飯に合いますよ。料理にちょっと億劫になっている、仕事で忙しい若い世代の人達にも、ぜひ読んでほしいなって思います。

___________________

本編のインタビュー動画では、この他にも質問やトークが盛り沢山、そして普段は見ることのできないゲストの表情も楽しめます!完全版が見たい方は、ぜひ本TUBEをチェック!

http://www.hon-tube.com/pc/movie.php?movieid=2405

[画像4: https://prtimes.jp/i/13301/79/resize/d13301-79-102590-1.jpg ]

紙の本の長さ: 114 ページ
出版社: 幻冬舎

※店舗によりコーナー名表記・開催日程が異なる可能性がございます。予めご了承下さい。

[画像5: https://prtimes.jp/i/13301/79/resize/d13301-79-790343-0.jpg ]

◆本TUBEとは・・・
著者出演動画数は国内最大級!本屋が作った動画で気軽に”本”と出会えるコミュニティサイトです。
読んでみたくなる本が動画で見つかる、読んだ本の記録や整理できる本棚機能など、
毎日の読書がもっと楽しくなるコンテンツが盛りだくさん!
http://www.hon-tube.com/

◆公式Twitter
https://twitter.com/hontube

◆公式Facebookページ
https://www.facebook.com/hontube2017/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ