お年賀用におすすめの資生堂パーラー「ニューイヤーズスイーツ」限定発売中

株式会社 資生堂パーラー
~帰省土産には駅・空港限定商品もおすすめ~

資生堂パーラーは、新年のご挨拶にぴったりな華やかな菓子詰め合わせ「ニューイヤーズスイーツ」を販売しています。椿模様の扇をデザインしたお正月らしいパッケージに、吟味した素材で美味しさ追求した焼き菓子やチョコレートを詰め合わせました。また、駅・空港限定品も各種ご用意しています。2018年の幕開けにワクワクする手土産はいかがでしょうか。

[画像1: https://prtimes.jp/i/6543/247/resize/d6543-247-302249-0.jpg ]

<商品情報>
●「ニューイヤーズスイーツ」1,728円(税込)
※百貨店を中心とする全国資生堂パーラー店舗で取り扱い(オンラインショップでの取り扱いは終了)。
資生堂パーラーで人気の「ショコラヴィオン」「サブレ」と限定の「ラング ド シャ」の詰め合わせ。
パッケージはおめでたい「扇」をモチーフとし、華やかなパッケージに仕上げました。

≪ショコラヴィオン≫
チョコレートに砕いたフイユティーヌ(クレープ生地)、クッキーなどを練り込み、さくさくと浮き立つような食感を演出するチョコレート菓子。
フレーズ ブランシュ(包装色/赤)4個:ホワイトチョコレートに、甘酸っぱいストロベリーパウダーとフイユティーヌを練りこみました。
エスプレッソ(包装色/白)4個:ビターチョコレートに、ほろ苦いエスプレッソパウダーとフイユティーヌを練り込みました。
≪サブレ≫(8枚入:1個 カカオ/ノワドココ 各4枚)
ココアパウダーとチョコレートパウダーの陰影豊かな苦みが特長のカカオ、ココナッツの甘い香りをまとわせたノワドココ。さくさくとした軽やかな食感です。
≪ラング ド シャ≫
・フロマージュ(包装色/青)4個:カマンベール風味のホワイトチョコレートを口どけの良いクッキーでサンド。まろやかな塩「沖縄の塩シママース」を使用し、ちょっぴり塩味をきかせました。
・ショコラ(包装色/赤)4個:カカオ分51%の味わい深いチョコレートを口どけの良いやさしい風味のクッキーでサンド。カカオの余韻が深まります。

【駅・空港限定おすすめ商品】
●東京駅限定「東京ラ・ブール」

サクッとしたクッキーをチョコレートでコーティングし、仕上げにココアクランチを纏わせたボール(boule)型のチョコレート菓子。ストロベリーと塩キャラメルの詰め合わせ。
(5個入り540円/12個入り1,080円/18個入り1,620円)
[画像2: https://prtimes.jp/i/6543/247/resize/d6543-247-423893-2.jpg ]

●エキュート東京店限定「東京カリーウィッチ」

昭和3年から代々受け継がれる資生堂パーラー伝統の味「カリーライス」。このカレーをイメージしたサクサクの生地にチーズクリームをサンド。
(5枚入り594円/10枚入り1,080円/16枚入り1,620円)
[画像3: https://prtimes.jp/i/6543/247/resize/d6543-247-812161-1.jpg ]

●駅・空港限定「クレームカラメル」

資生堂パーラーの“カスタードプリン”の味わいをイメージし、ウエハース生地とカスタード風味のなめらかなクリームを7層にサンド。カラメル風味のグラサージュでリッチに仕上げました。
(6個入り594円/12個入り1,080円/18個入り1,620円)
[画像4: https://prtimes.jp/i/6543/247/resize/d6543-247-997431-3.jpg ]

<資生堂パーラー>
資生堂パーラーは、1902年(明治35年)資生堂発祥の地である銀座8丁目(現東京銀座資生堂ビル)の資生堂薬局の一角に、日本初のソーダ水の販売や、 当時はまだ珍しかったアイスクリームの製造・販売を行う「ソーダファウンテン」として誕生。1928年(昭和3年)、本格的にレストランを開業し、西洋料理の草分け的存在として、また銀座のシンボルとして多くのお客さまをお迎えし現在に至っております。

■資生堂パーラー お客さま窓口
東京都中央区銀座8-8-3 フリーダイヤル 0120-4710-04
*月~土曜日10:00~17:00 祝日、年末年始(12月30日~1月3日)を除きます。
URL http://parlour.shiseido.co.jp?rt_pr=pl185

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ