日本全国39万人の男女が選ぶ!紅白歌合戦2017年、一番楽しみなアーティストは?

LINE株式会社
LINE株式会社では、同社が保有する354万人という国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。この度LINEリサーチにて、『今年の紅白歌合戦、いちばん楽しみにしている出演者』の調査を実施いたしましたので、その結果をご紹介します。(調査結果はLINEリサーチ公式ブログでもご覧いただけます:http://survey-blog.line.me/ja/archives/27811249.html

2017年も残すところあとわずか!年の瀬といえば、あの国民的番組、紅白歌合戦。
『今年の紅白歌合戦、いちばん楽しみにしている出演者』を、LINE利用者386,183人に聞きました。

<調査サマリー>
・女性人気第一位は、全世代で「嵐」
・“紅白初出場”の「三浦大知」「TWICE」「竹原ピストル」が上位にランクイン
・10-20代男性には「乃木坂46」ら女性歌手、30-40代男性には「X JAPAN」「竹原ピストル」ら男性歌手が人気

[画像1: https://prtimes.jp/i/1594/930/resize/d1594-930-149436-0.jpg ]

■男女別総合ランキング
・男性1位「乃木坂46」
乃木坂46にとって飛躍の1年。白石麻衣の写真集『パスポート』大ヒットを皮切りに、舞台と映画『あさひなぐ』、念願の東京ドーム公演を果たしました。

・女性1位「嵐」
嵐が全年代の女性から圧倒的な支持を集め文句なしの1位に「ベストアーティスト2017-日本テレビ」では、乃木坂46とコラボで、デビュー曲「A・RA・SHI」を披露し話題を呼びました。

また、注目の初出場歌手「三浦大知」「TWICE」「竹原ピストル」が上位にランクインしています。

■年代別ランキング
[画像2: https://prtimes.jp/i/1594/930/resize/d1594-930-981091-1.jpg ]

女性は全年代で1位「嵐」、2位以下も全体的に男性歌手が人気です。
一方男性は、男性30-40代になってくると「X JAPAN」「竹原ピストル」など男性歌手が人気を集める傾向に。

■上位にランクインした「三浦大知」「TWICE」「竹原ピストル」って!?
・「三浦大知」 男性4位、女性2位
圧倒的な歌唱力とダンススキル鳥肌レベルのパフォーマンスに心を奪われます1997年に男女7人組グループ「Folder」のメインボーカルとして9歳でデビュー。
https://youtu.be/Ujvz6NIWExw

・「TWICE」 男性6位、女性4位
“TTポーズ”が女子高生で流行ポップな曲とキュートな振り付けで若い女性に人気
日本人3名、韓国人5人、台湾人1名の国際グループ。韓国で2015年にデビュー。
https://youtu.be/t35H2BVq490

・「竹原ピストル」男性2位
2015年11月にリリースされたアルバム収録曲「よー、そこの若いの」が住友生命のCMで起用され、メッセージ性の強い歌詞と独特な世界観が反響を呼び一躍話題に
https://youtu.be/G9YgNxMB9Uo

---------------------------------------------------
回答期間:11月28日~12月1日 午前7時
回答人数:386,183人
---------------------------------------------------

<調査データの引用・転載について>
調査データの引用・転載の際は、「出典:LINEリサーチ」と明記いただけますようお願いいたします。
引用・転載先がWebページ(メディア/ブログ等)である場合、以下ブログ記事のURLをリンクしてご掲載ください。
http://survey-blog.line.me/ja/archives/27811249.html

■LINEリサーチについて
「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的とした、LINEが保有する354万人という国内最大級のアクティブな調査パネルが基盤のスマートフォン専用リサーチプラットフォームです。アクティブモニターのうち10~29歳が約200万人を占め、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすく、2~3分で数千サンプルを回収するなど、高い回収率を実現します。回答画面もスマートフォンに最適化されているため離脱率が低く、スマートフォン上で効果的に調査を実施することが可能です。
「LINEリサーチ」公式サイト:https://line-research.line.me/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ