キャップジェミニ、NelsonHall社からIoTサービスにおける「リーダー」の格付けを獲得

キャップジェミニ株式会社
[画像: https://prtimes.jp/i/25250/34/resize/d25250-34-826046-0.jpg ]

【2017年7月31日:パリ発】
世界有数のコンサルティング&テクノロジーサービスプロバイダーである キャップジェミニは、NelsonHall社のベンダー評価ツールであるNelsonHall Vendor Evaluation and Assessment Tool(NEAT)において、「Overall(全体)」ならびに「Customer Engagement(カスタマーエンゲージメント)」の両方の市場区分向けモノのインターネット(IoT)サービスの「リーダー」と格付けされました。これは当社の幅広く奥行きのあるIoTサービスに関するオファリングとポートフォリオが認められてのことです。今年、NelsonHallのNEATツールは、23のサービスプロバイダーを対象に、すぐに利益を提供できる能力と将来の顧客要件を満足させる能力について、NelsonHall独自の評価基準に照らし合わせて評価を実施しました。

NelsonHallのNEATレポートが指摘した、キャップジェミニを「リーダー」と位置付ける根拠となった強みは以下のとおり。
・IoTサービスに関するオファリングとポートフォリオの幅広さ、奥行き
・eObject(1)を含む複数の知的財産
・ISVパートナーと協力し、独自のIoTプラットフォーム開発に依存しない能力
・UX/DCX、サイバーセキュリティ、ビッグデータ&アナリティクスを含む隣接サービス、キャップジェミニのエンジニアリングならびにR&D能力

NelsonHallのITサービス・プラクティス・ディレクターであるDominique Raviart氏のコメント:キャップジェミニのIoTサービス戦略は、常に主な市販のIoTプラットフォームと連携し、補完的なアクセラレータを開発し、ビッグデータを適切に活用するアルゴリズムを適用することに重点を置いてきました。お客様企業によるIoTプラットフォームの実装を支援しながら、データアナリティクスにフォーカスを定めるキャップジェミニのアプローチこそ、お客様が待ち望んでいたものです。

キャップジェミニは、2016年初頭にデジタルマニュファクチャリングのサービスラインを作り出しました。この一連のサービスは、製造業のお客様がスマート接続された工場や製品を構築して納期の短縮と生産性向上を実現し、デジタル時代の新しいビジネスモデルを採用できるよう支援します。IoTはこのサービスポートフォリオのカギとなる部分です。

レポートが特に協調しているのは、デバイスレベルからアナリティクス、マネージドIoTサービスに至る、完全なサービスオファリング一式を通してキャップジェミニが提供する、デジタルマニュファクチャリングのためのバリュープロポジションです。このサービスオファリング一式には、デジタルトランスフォーメーションに関するコンサルティング能力やアプライド・イノベーション・エクスチェンジ(AIE)、キャップジェミニのベンチマーキング能力が含まれます。
アプライド・イノベーション・エクスチェンジ(AIE)の詳細は以下をご参照ください。
https://www.capgemini.com/jp-jp/service/transformation-innovation/applied-innovation-exchange/

キャップジェミニのデジタルマニュファクチャリングのグローバルヘッドであるJean Pierre Petitのコメント:NelsonHallが当社のIoTサービス能力を認めて当社を「リーダー」と格付けしたことをうれしく思います。この格付けは、お客様を中心に据えたキャップジェミニのグローバルな取り組みと、現在そして将来のビジネス目標の達成を目指す製造企業を支援するために最適な形で工業化されたオファリングを提供する当社の能力の正当性が認められた証です。
デジタルマニュファクチャリングの詳細は以下をご参照ください。
https://www.capgemini.com/jp-jp/service/digital-insights/digital-manufacturing/

『NEAT Evaluation for Capgemini』 レポートの全文は、以下からダウンロードできます。
https://www.capgemini.com/jp-jp/resources/capgemini-positioned-as-a-leader-in-nelsonhall-managed-security-services-neat/

e-Objects Platformは、そのまますぐに使えるコンポーネントとサービスを使用してIoTアプリケーション開発を簡素化し安全かつ確実に実行するためのミドルウェア ソリューションです。e-Objects Platformはオンプレミスとしてもサービスとしても利用できます。

キャップジェミニについて

キャップジェミニは、2017年に創業50周年を迎え、従業員数19万人以上、40か国にビジネスを展開する、世界有数のコンサルティング、テクノロジー&アウトソーシングサービスプロバイダーです。グループの2016年のグローバルでの売上は125億ユーロを達成しました。お客様とともに、お客様のニーズに合わせて、お客様によるイノベーションと競争力の実現を可能にするビジネス、テクノロジー&デジタルソリューションを開発し、提供しています。完全な多文化組織であるキャップジェミニは、独自のビジネス形態であるthe Collaborative Business ExperienceTM を開発し、独自のデリバリーモデルRightshore(R)を活用しています。

キャップジェミニ株式会社については、以下をご覧ください。
https://www.capgemini.com/jp-jp/
キャップジェミ二株式会社のソーシャルアカウント
Twitter:https://twitter.com/CapgeminiJapan
Facebook:https://www.facebook.com/CapgeminiJapan/

Rightshore(R) はキャップジェミニの登録商標です。

NelsonHallについて

NelsonHallは、US、UK、ヨーロッパ大陸にアナリストを配し、BPSならびにITサービスに関する調査を行う大手リサーチカンパニーです。同社は、グローバルな手法でベンダーならびにアウトソーシング市場の分析を実施、そのリサーチの品質と奥深さは広く認められています。NelsonHallは、独自のSpeed-to-SourceメソドロジーとNEATベンダー評価で、バイサイドの企業のBPSならびにITサービスアウトソーシングプロジェクトに関する時間とコストの大幅な短縮・削減を支援しています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ