レンタルオフィス世界最大手のリージャスが大阪地区でIT業界関係者の交流会を開催

リージャス・グループ
世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3,000拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(日本法人:東京都新宿区、日本代表: 西岡 真吾)は、大阪地区で11拠点に及ぶレンタルオフィスのサービス提供を展開しています。このたび大阪地区のリージャスセンターに入居しているIT関連企業の方やその関係者、外部の方などを対象にしたIT業界関係者のネットワークイベントを「リージャス阪急ターミナルセンター」にて10月11日に開催いたします。

これまでリージャスでは、ご入居いただいている方やそのご友人、取引先の方を対象としたビジネス交流会などを定期的に行ってきました。その中で、入居者同士の親睦のみならず、様々なビジネスのアイデアや意見交換ができるオープンなネットワーク作りの場に対するニーズが高まっていることや、特にIT業界に従事する方たちの中にそのような声が多いことから、今回、リージャスのセンターにて、より多くのIT業界関係者の方が集まることができる、ネットワーク作りの場の提供が企画されました。

特に今回は、多くの世界的なリーダー企業の方々もリージャスのコミュニテイに参加する予定です。クラウドインフラストラクチャにおけるパイオニアや、インタラクティブなデータの視覚化ツールを提供しているソフトウェア会社、仮想化やクラウドコンピュータ技術におけるリーデングカンパニーなど、
また、F5ネットワークスジャパン合同会社(https://f5.com/jp)や
株式会社マネーフォワード(https://corp.moneyforward.com/)の講演なども予定しています。

リージャス・グループ日本代表の西岡真吾は、「リージャスが外資系IT企業からベンチャー企業まで、様々な分野で活躍するITの専門家が一堂に会する貴重な機会を提供するお手伝いができることを光栄に思っています。この場が、企業同士の交流から新たなビジネス創出や製品やサービスの拡大を実現し、各社の『可能性』を広げる場にもなり得ることを願っています。リージャスは、オフィススペースに対するニーズが多様化する中、業務に集中するためのオフィスから、このような交流会を提供できる様々なイノベーションを生むことができる場に変革を続けていけるよう努力してまいります」と述べています。

< IT業界関係者 異業種交流会 概要 >
・開催日時: 2017年10月11日(水) 18:00-20:00 (受付開始:18:00)
・場所: リージャス阪急ターミナルビルビジネスセンター
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16F (阪急梅田駅直結)
・参加費: 無料

リージャス・グループについて
リージャス・グループは柔軟なワークスペースを提供する世界最大の企業で、そのネットワークは世界100カ国以上1,000都市超える地域、3,000拠点に及びます。会員数は230万人で、業界で成功を収める大小様々な企業や起業家の方々にご利用いただいています。
リージャスでは、多彩なオフィスプラン、近年需要が高まるモバイルワークやバーチャルオフィス、障害復旧サービスの提供を通じ、予算やワークスタイルに合わせて仕事を行うことができます。
リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、スイスに本社を置き、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細については、www.regus.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ
リージャス・グループは、高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国で運営しています。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネス スペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。現在、全国29都市、114拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。
※1オープンが決定している拠点数は全国30都市、116拠点となります。
最新の国内拠点住所情報一覧はhttps://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_02PR/を参照下さい。
センターについてのお問い合わせについても、https://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_02PR/の送信フォームからお送りください。
リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ