エクストリームエンターテイメント「CHIMERA GAMES」イメージ映像「GAME ON篇」10月6日(金)公開

CHIMERAプロジェクト実行委員会
東京五輪で正式競技となったスケートボード、BMXをはじめ、FMX、インラインスケート、フリースタイルフットボールの各競技の世界トッププレーヤー、総勢13名が出演!

CHIMERAプロジェクト実行委員会(事務局:東京都渋谷区代々木、代表:文平龍太)は、10月14日(土)、15日(日)に東京お台場特設会場で開催される『CHIMERA GAMES VOL.4_』に合わせ、「CHIMERA GAMES」の世界観を表現したイメージ映像「GAME ON篇」を10月6日(金)より公開します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-332474-16.jpg ]

 「CHIMERA GAMES」は、日本初のエクストリーム・ストリート・音楽が熱く絡み合う新感覚イベントで、「GAME ON篇」は、「CHIMERA GAMES VOL.4」を盛り上げるために制作致しました。映像では、東京五輪で正式競技となったスケートボード、BMXをはじめ、FMX、インラインスケート、フリースタイルフットボールの各競技の世界トッププレーヤーたち総勢13名が出演しております。

 突然現れた謎の仮面集団が、街のあちこちにポスターを貼り、一か所に集合。そして、そのポスターを見た人たちも集まってくるというストーリーで、「CHIMERA GAMES」というものが一体何なのか?お台場で一体何が始まるのか?という期待感を醸成していきます。
 映像制作スタッフとして、ディレクターはCM・ミュージックビデオ等を幅広く手がけ、エクストリーム映像にも定評のある黒田 賢氏。カメラマンは、ムービー、スチルの両方を撮影する柏崎佑介氏。今回は自らもインラインスケートに乗って躍動感のある撮影を行なった。これらエクストリームの魅力を知り尽くした豪華な製作陣が集結しました。
 途中で入る各競技のパフォーマンスは世界で活躍するトッププレーヤーたちによるもので、CGなどを使わず全てリアルに撮影されたものです。プロたちによる神業をご堪能ください。

「GAME ON篇」60秒版URL:
https://youtu.be/kh_VVFUmDb0

<出演者>
■スケートボード
西村碧莉

[画像2: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-665299-3.jpg ]

7歳からスケートボードを始め、小学5年生でAJSA主催の全国大会で優勝する。2016年にはエクストリームスポーツの最高峰である『X-GAMES』や、全世界のスケートボーダーの中から選ばれた8人しか出場できない『SUPER CROWN』に出場し、世界に名を轟かせる。2017年、日本選手権を制して初代チャンピオンに輝き、『X-GAMES』で優勝。今や世界で最も有名なスケートボーダーのひとりで東京オリンピックでもメダルが期待されている。

阿部直央

[画像3: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-849900-4.jpg ]

12歳からスケートボードを始め、中学高校時代からプロスケーターを目指す。数々の大会で好成績を収めるとともに、ノリのいいキャラクターが評判となり、早くから企業スポンサードを受けプロとして活躍。海外にも遠征するなどアクティブな活動を続ける。

渡辺雄斗

[画像4: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-186820-5.jpg ]

2015年にプロ昇進したばかり。数々の大会及びミニランプコンテストにて優勝を果たしてきたほか、デフテックライブ等でスケートショータイムなど若くしてデモンストレーション経験も豊富。

瀬尻稜

[画像5: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-771030-6.jpg ]

幼稚園生の頃、父親から与えられたスケートボードがきっかけで競技を始める。11歳にしてAJSAのプロクラスグランドチャンピオンを史上最年少で獲得し日本一に。以降さらに2010~2012年の三年連続でグランドチャンピオンに輝く。2010年頃から海外の大会にも出場をはじめ、2013年17歳でワールドカップで日本人初となる優勝を果たす。(二戦連続優勝)

■BMX
田圓尚人

[画像6: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-622362-7.jpg ]

世界大会にも精力的に挑戦するBMXフラットランドライダー。
2015年には世界サーキットランキングTop10入りを果たした。
国内のショーだけでなく海外でのショーでもパフォーマンスの経験。
アブダビでは2年間 Ferrari World Abu Dhabi Circus ‘RED’ showでパフォーマンス。
計1500回以上のショーに出演した経験を持つ。

米田大輔

[画像7: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-706548-8.jpg ]

湘南の鵠沼スケートパークをホームとするBMX PARK/STREETライダー。ライディングスタイルは、とにかく飛んで回るスタイル。アメリカやオーストラリアで武者修行をし、海外のコンテストにも挑戦。コンテスト出場の傍ら、イベントやショー、メディアやCMなど幅広く存在感をアピールしている。

■FMX
加賀晃

[画像8: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-579017-9.jpg ]

モトクロス国際A級レーサーからフリースタイルへ転向後、国内ショー、コンテストに出場。イベント運営、プロモーションも手掛けている。現役FMXライダーでありながらオールラウンドに活躍している稀な存在。イベントや大会オーガナイザーとしてFMXシーンの成長拡大、若手FMXライダーに活躍の場を与える取り組みにも積極的。
日本初のユニークなアイディアを元IAライダー、FMXライダーの経験を活かしショーに取り入れている。

釘村孝太

[画像9: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-645773-10.jpg ]

全日本フリースタイルモトクロス選手権「GO BIG」シリーズチャンピオンの経験を持つ日本初のプロFMXライダー。ベテランながら現在の日本のFMXシーンをけん引する存在。国内はもとより海外でのキャリアも十分に持ち、ライディングのスキルは上がり、フリップコンボのバリエーションも増えている。釘村 孝太が代表を務めるFMXチーム「THUGWAY 」のスローガン「RIDE or DIE」を体現している。

小林達哉

[画像10: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-467067-11.jpg ]

長身から繰り出されるトリックには要注目!スキル、バイクのひねり共に進化し続ける若手FMXライダー。華麗なトリックで観客を湧かせる。2015年GO BIGランキング8位。

■インラインスケート
伊藤千秋

[画像11: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-848882-12.jpg ]

日本を代表するプロインラインスケーターとして数々の世界大会に出場しタイトル勝ち取る。
ストリートの世界からアスリートを経て現在はエンターテイメントを通じ芸能の世界で活躍する現役プロインラインスケーター。

中山慎太郎

[画像12: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-954751-13.jpg ]

プロインラインスケーターでありエンターテイナー。数々の大会出場やショーに出演してきた経験を持ち、現在では大会の運営にもかかわる。子どもたちにインラインスケートを教える活動にも尽力している。

金島総一郎

[画像13: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-404930-14.jpg ]

10歳からアグレッシブインラインスケートを始め、中学2年生で全国大会を優勝し、同じ年にアメリカ認定のプロ資格を取得。2010年にはアジア人初の自分モデルのシグニチャーインラインスケート『 SK.1 』が世界各国で発売された。

■フリースタイルフットボール
横田陽介

[画像14: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-975324-15.jpg ]

2006年に日本人として初めてオランダで行われた世界大会に出場。 2008年にはブラジルで行われた世界大会 Red Bull Street Styleで決勝進出、準優勝の成績を収める。 今もなおシーンのトップを走り続け国内外で精力的に活動している。

<制作スタッフ>
クリエイティブプロデューサー:明石幸恵(DCF)
ディレクター:黒田賢
カメラマン:柏崎佑介
プロデューサー:名古屋忠嗣(P.I.C.S.)
プロダクションマネージャー:中西宏志(P.I.C.S.)
デザイナー:MAHARO(GROUNDRIDDIM)

【開催概要】
「CHIMERA GAMES VOL.4」開催概要
タイトル:
CHIMERA GAMES VOL.4

主催:
CHIMERAプロジェクト実行委員会/フジテレビジョン 協 賛 :グランドニッコー東京、スキップファクトリー、クリスタルガイザー、ダイバーシティ東京プラザ、 アクアシティお台場、ヒルトン東京お台場、ホテルサンルート有明、デックス東京ビーチ 東京ベイ有明ワシントンホテル、GOODRIDE、nichiei RACING、POWER COATING

後援:
一般社団法人臨海副都心まちづくり協議会、一般社団法人江東区観光協会、駐日コロンビア共和国大使館、駐日キューバ共和国大使館、駐日ブラジル大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、
Yunus Emre Enstitüsü トルコ文化センター東京、ザンビア共和国大使館、ボリビア多民族国大使館、駐日タジキスタン共和国大使館、駐日アイルランド大使館、駐日ガーナ共和国大使館

会場:
CHIMERA GAMES お台場特設会場(江東区青海臨時駐車場NOP区画)

日時:
2017年10月14日(土)、15日(日) 11:00~(開場10:00)※雨天決行・荒天中止

入場料:
■CHIMERA 公式アプリ内経由での予約決済
・10月14日 /1日券:大人 前売¥2,500・当日¥3,500 / 高校生:前売¥1,000・当日¥2,000
・10月15日 /1日券:大人 前売¥2,500・当日¥3,500 / 高校生:前売¥1,000・当日¥2,000
・通し券 /大人 前売¥4,500(前売のみ) / 高校生:前売¥1,500(前売のみ)
■一般プレイガイド
1日券:大人 前売¥4,000・当日¥5,000 / 高校生:前売¥2,000・当日¥3,000
通し券:大人 前売¥7,000(前売のみ) / 高校生:前売¥3,500(前売のみ)
※中学生、高校生の方は、入場口にて写真付身分証明書の提示必要(アプリ・プレイガイド共通)

公式HP: http://www.chimeragame.com/
Facebook :https://www.facebook.com/chimeragame

実施メニュー:
アーティストライブ、フリースタイルバスケットボール、スポーツトライアル、ダブルダッチ、デュエルサッカー、フリースタイルフットボール、インラインスケート、BMX、スケートボード、パーク(ビギナーエリア、レンタルギア)、ランバイク、ストリートボード、ポゴスティック、スラックライン、けん玉、電動モト、FMX同乗、ドリフト、カート、パワライザー、ドリフトトライク、ヨーヨー、asobi基地、EV3、yoga、物販ブース、フードエリア

問い合わせ:
CHIMERA 公式サイト(お問合せ窓口) http://www.chimeragame.com/games_vol4/
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999 http://www.red-hot.ne.jp/

【地図】
[画像15: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-569194-18.jpg ]

【プレイガイド情報】
[画像16: https://prtimes.jp/i/28264/3/resize/d28264-3-687185-17.jpg ]

<アクセス>
ゆりかもめ線 船の科学館駅(徒歩約3分)
りんかい線 東京テレポート駅(徒歩約7分)
※駐車場の用意がありませんので、来場の際は公共の交通機関をご利用いただきますようお願いいたします。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ