丸の内から世界に向けて、“下着からはじまるBEAUTY LIFE STYLE”を発信するランジェリーショップ『A day WACOAL The Store 丸の内店』オープン

株式会社ワコール
株式会社ワコールは、“下着からはじまるBEAUTY LIFE STYLE”をテーマに『A day WACOAL The Store(ア ディ ワコール ザ ストア)丸の内店』を2017年9月15日(金)にオープンします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/9664/356/resize/d9664-356-433060-0.jpg ]

http://www.wacoal.jp/aday/
 『A day WACOAL The Store』は下着でその日1日の気持ちを上げて過ごしてもらいたいという想いから、“下着を選ぶとき”にスポットをあてた、様々な下着の選び方を提案するワコールの直営ショップとして2015年4月にデビューしました。変化する女性のライフスタイルに合わせ、リラックス&スポーツコーナーを設けるなど進化を続け、今回オープンする『A day WACOAL The Store 丸の内店』を含めて5店舗で展開します。

 『A day WACOAL The Store 丸の内店』は流行に敏感で自分らしいライフスタイルを持つ丸の内OLが集う場所として、女性の美と健康をサポートする店づくりと商品を提案。ファッション感度が高くおしゃれが好きな大人女子に向けて、「AMPHI(アンフィ)」や「Salute(サルート)」、「CW-X(シーダブリューエックス)」などワコールグループの商品を幅広く取り揃えます。また、下着の文化や価値を提案する新しいランジェリーショップとして、毎月テーマを変えたディスプレイや店内の空間づくり、接客を通して情報やメッセージを発信します。日本の玄関口である東京丸の内という立地を生かし、国内はもちろん、旅行やビジネスで海外から訪れる方々に向けて、日本の下着文化や下着の新しい価値を伝えていきます。

■ 企画背景
 昨今、女性のライフスタイルや価値観が変化する中で、おしゃれが好きな大人女子の30代をターゲットとした市場が盛り上がっています。また、2020年の東京オリンピックをひかえ、運動への興味からヨガなどの軽スポーツから始める女性も増え、スポーツインナー市場も活性化しています。
 そこでワコールでは、2002年9月から15年にわたり丸の内OLに支持されてきたワコールの直営店「AMPHI」のショップ『AMPHI PROCHE(アンフィプロシュ) 丸の内店』から、今回、日本の玄関口である東京丸の内から世界に向けて“下着からはじまるBEAUTY LIFESTYLE”を発信する新しいランジェリーショップ『A day WACOAL The Store 丸の内店』として、9月15日(金)よりリニューアルオープンするに至りました。

■『A day WACOAL The Store』ショップブランドコンセプト
 “したぎ、選ぶ。きもち、あがる。”をコンセプトに、何気なく選んでいる毎日の下着を、その日1日の気分が上がるようにさまざまな角度から提案するショップ。

■『A day WACOAL The Store 丸の内店』の特長
 大人女子がときめく美しさとここち良さを、エレガント&セクシーに、ときにはスポーティに、新商品や情報を毎月鮮度ある空間で提案します。

■所在地
 千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディングB1F(JR東京駅南口より徒歩1分、丸の内線東京駅より直結)

■商品構成(取り扱いブランド)
 ワコールグループならではの商品バリエーションで展開し、スポーツインナーやルームウェア、雑貨も取り扱います。
 ・「AMPHI(アンフィ)」ブラジャー3,400円+税~5,600円+税
 ・「Salute(サルート)」ブラジャー7,900円+税~9,600円+税
 ・「CW-X(シーダブリューエックス)」ブラジャー4,900円+税~5,900円+税
 ※記載の価格はすべて希望小売価格です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/9664/356/resize/d9664-356-568400-1.jpg ]

【篠崎恵美氏プロフィール】
フラワークリエイターとして、花の一般的な業務の他にアパレルショップの店内装飾、ショーウィンドウや百貨店メインヴィジュアル、ブランドのカタログや雑誌、広告やCM撮影など、花の小道具から大型セットまでも手がける。

※「A day Wacoal The Store」、「Salute」、「AMPHI」、「CW-X」、「AMPHI PROCHE」は株式会社ワコールの登録商標です。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ