川田裕美×バカリズム コンビ解消、30歳で仕事ゼロ…人生のターニングポイントとは?

TOKYO FM
『Orico presents FIELD OF DREAMS』9月16日・23日(土) 12:30~12:55(JFN38局ネット・曜日・時間違い)放送

TOKYO FMでは、川田裕美がパーソナリティをつとめる『Orico presents FIELD OF DREAMS』(毎週土曜日12:30~12:55 JFN38局ネット・曜日・時間違い)では9月16日・23日(土)の2週にわたってバカリズムを迎えます。お笑い芸人の枠にとどまらず、司会、脚本家、役者、そしてこの度ミュージシャンとしてCDを発売しメジャーデビューも果たしたバカリズムの人生のターニングポイントとは?パーソナリティの川田裕美が迫ります。どうぞご期待ください。

◆「ターニングポイントってターニングポイント感がある。あ、ココだな、みたいな」
[画像1: https://prtimes.jp/i/4829/1205/resize/d4829-1205-928759-0.jpg ]

『Orico presents FIELD OF DREAMS』(毎週土曜日12:30~12:55 JFN38局ネット・曜日・時間違い)では、人知れず努力を重ねて夢を叶えた人をゲストに迎え、その道のりにあったターニングポイントについて伺います。
9月16日・23日(土)の2週にわたって登場するのは、お笑い芸人のバカリズム。第1そして第2の人生のターニングポイントも共に「ターニングポイント感があった」というバカリズム。第1のターニングポイントはコンビ解消、ピン芸人になってすぐM-1グランプリ決勝進出した2006年のことだそう。「出るからには(決勝に)行かないと、と思った。コンビ解消のマイナスイメージを払拭するためにも、コンビ以上の結果は絶対条件だと思った」と振り返ります。ドラマの脚本の話が舞い込んだことがきっかけで脚本も手がけるように。「成功したら”多才”って思われるだろうなと思った(笑)。お誘いが来る時点で名誉なことなので、新しいことは基本的にどんどんやるようにしている」というバカリズムの仕事に対する姿勢、そしてプライベートにも踏み込みます。
さらに、秦 基博作曲でバカリズムが作詞を手がけたメジャーデビュー曲「「『いくらだと思う?』って聞かれると緊張する(ハタリズム)」の制作秘話も必聴です。9月16日・23日(土)の放送を、どうぞお楽しみに。

■番組概要■
[画像2: https://prtimes.jp/i/4829/1205/resize/d4829-1205-522972-1.jpg ]

◇タイトル: 『Orico presents FIELD OF DREAMS』
◇放送日時: 毎週土曜日12:30~12:55 ※JFN38局・曜日・時間違いネット
◇出演者: 川田裕美
◇番組HP: http://www.tfm.co.jp/dreams/
◇ラジオの聴き方: http://www.tfm.co.jp/listen/
◇放送局: TOKYO FMをはじめとするJFN38局・曜日・時間違いネット
※ネット各局の放送時間はホームページをご参照下さい。
◇提供:株式会社オリエントコーポレーション

【作品情報】
[画像3: https://prtimes.jp/i/4829/1205/resize/d4829-1205-823963-2.jpg ]

「バカリズムと」名義でメジャーデビュー!第1弾はバカリズム×秦 基博!
日本テレビ系人気音楽番組『バズリズム』から生まれたバカリズム×秦 基博のユニット<ハタリズム>の楽曲「『いくらだと思う?』って聞かれると緊張する(ハタリズム)」が好評配信中!
アーティスト名:バカリズムと
楽曲タイトル:「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する(ハタリズム)
作詞:バカリズム 作曲:秦 基博 編曲:秦 基博
Vocal:バカリズム Chorus & Acoustic Guitar:秦 基博
Drums:玉田豊夢 Bass:鈴木正人 Guitar:久保田光太郎 Piano:皆川真人

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ