上品な人には○○がある。皇后・美智子さまに学ぶ、エレガンスの秘密とは!?

株式会社 学研ホールディングス
ジャーナリスト・渡邉みどり氏の新刊『美智子さまに学ぶエレガンス』発売中!!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、書籍『美智子さまに学ぶエレガンス』(渡邉みどり・著/定価:本体1,400円+税/四六判・本文240ページ)を8月31日(木)に発売いたしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/2535/1284/resize/d2535-1284-937072-0.jpg ]

◆美智子さまのエレガンスの秘密

なぜ皇后・美智子さまはあれほど美しいのか?
華やかな装いや凛としたたたずまい、ぬくもりのあるお言葉、心遣い……。
ジャーナリストとして50年以上美智子さまを取材してきた著者が、ご成婚前後から近年までの多くの写真とエピソードを紹介します。
日本の女性として、今こそお手本にしたい「気品の秘密」が明らかに!

◆~秘密1~ お出かけ先の事情を考える

海外ご訪問のおりや、国賓をお迎えになるとき、美智子さまは、相手国の事情をよく勉強されてから、服装をお決めになります。
相手国の国旗の色や代表的な植物などを必ずお調べになり、「どうすれば相手国の方が喜ばれるか」というお気遣いをなさいます。
国内行事のおりにも、たとえば、訪問する先々の名産を取り入れたスーツに身を包んだり、洋服の一部にさりげなく、その地域で生産された織物、布地を使われたり。
“ご当地ファッション”で、「お相手を思いやる心」を表現されているのです。

◆~秘密2~ 思いやりを形にした“小皿帽”

美智子さまのトレードマークとなっているのが、頭部にぴったりとフィットする「小ぶりの帽子」です。マスコミの間では、親しみをこめてひそかに「小皿帽」と呼ばれています。
老人福祉施設や養護施設をご訪問のおり、美智子さまは、お顔を近づけて握手なさったり、小さな子どもを抱き上げられたり、ほおずりなさったりしますが、そんなとき、大きなつばの帽子ではお顔を近づけることができません。
訪問先の人々に少しでも近づいて、励ましたり、お慰めしたりしたい……。
そんな美智子さまのリクエストにより、「小皿帽」が生まれました。
帽子のデザインからも、美智子さまの「お相手を思いやる心」がうかがえます。

◆~秘密3~ コミュニケーションは、相手の名前を覚えるところから

美智子さまは、聖心女子大学4年生のとき、全学の自治会の会長(プレジデント)として活動されていました。
当時、美智子さまは、委員全員の写真と名前が載っている記念帳(記念アルバム)を開いて、下級生たちひとりひとりの名前と顔を記憶され、初対面でも「○○さん!」と名前を呼んで話しかけられたといいます。名前を呼ばれた下級生は、もちろん大感激です。
コミュニケーションは、相手の名前を覚えるところから始まります。
美智子さまのエレガンスの源には、「お相手を思いやる心」があるのです。

◆美智子さまをお手本にして、エレガンスを手に入れる!!

ここでご紹介したのはほんの一部ですが、本書『美智子さまに学ぶエレガンス』では、ご成婚前後から近年まで、さまざまな角度から美智子さまについて語られています。
目に見える美しさや上品さだけでなく、お相手を思いやる気持ち=「心のエレガンス」が、美智子さまを輝かせているのです。
あなたもさっそく、本書を読んで「心のエレガンス」を身につけてみませんか?

【目次】
はじめに
第一章 気品ある装い 美智子さまのロイヤルファッション
第二章 人を大切に思う心 美智子さまのお気遣い
第三章 母から娘へ伝えられること 美智子さまのお育ち
第四章 働く母親として 美智子さまの子育て
第五章 幸せな家庭を築く 美智子さまの「ホーム」づくり
おわりに

[商品概要]
書籍「美智子さまに学ぶエレガンス」
定価:本体1,400円+税
発売日:2017年8月31日(木)
判型:四六判/240ページ
電子版:なし
ISBN:978-4-05-406576-5
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:http://hon.gakken.jp/
【本書のご購入はコチラ】
Amazon http://amzn.asia/hXKOvgx
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/14999172/
セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1106781960
学研出版サイト http://hon.gakken.jp/book/1340657600

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ