アイリスオーヤマ 鳥栖第二工場の起工式を開催

アイリスオーヤマ株式会社
生活用品製造卸のアイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 健太郎)は、2017年9月13日、鳥栖第二工場増設の起工式を執り行いました。

 同工場には、LED照明の生産ラインと4万パレットを収容できる自動倉庫を新設します。現在、当社が持つ国内の自動倉庫は約20万パレットの収容力がありますが、今回の増設により、鳥栖工場全体で約6.4万パレットの収容力をもつ国内最大規模の工場となります。

 2017年度は単体売上1,550億円(前年比127%)、経常利益10%の達成を目指しています。中でも値ごろ価格の「なるほど家電(R)」を開発、販売している家電事業は売上と利益を大きく伸ばし、地域密着の拠点戦略を展開しているLED事業においても競争力が向上しています。今後も更なる売上の増加を見込み、事業拡大に伴う取り扱い品目と出荷量の増大に対応できる供給体制を構築します。

■鳥栖第二工場(増設部)概要
・所在地   :佐賀県鳥栖市西新町1422-233
・敷地面積  :34,224m2
・自動倉庫  :40,000パレット
・生産品目  :LED照明
・投資金額  :約60億円
・竣工時期  :2018年7月
・新規雇用人数:初年度20名
・販売計画  :初年度70億円

[画像: https://prtimes.jp/i/19955/119/resize/d19955-119-816804-0.jpg ]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ