神戸開港150年目の奇蹟「神戸ハウス北野」 誕生!! ~選ばれし、護られた、新発想の低層集合邸宅~

京阪電鉄不動産株式会社
北野町山本通都市景観形成地域および伝統的建造物群保存地区の一画、 サッスーン邸隣り、北野町の中心に 4月上旬よりデビュー

京阪電鉄不動産株式会社(本社:大阪市中央区、社長:三浦達也)は、平成29年1月下旬(予定)の竣工を目指し、神戸市中央区北野町2丁目における新築分譲集合邸宅【神戸ハウス北野】を新発表いたします。より豊かな都市居住のあり方を提案し続けるコンサルティングカンパニー「株式会社キューブ」( 本社:神戸市中央区、社長:天宅毅)と販売提携し、4月上旬より事前案内会を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

 【神戸ハウス北野】は「北野町山本通都市景観形成地域」に指定されたエリアで、かつ「伝統的建造物群保存地区」という、数多くの異人館をはじめとする伝統的遺産が現存し、古くからの街の歴史と外国文化の息吹が護られているエリア内・神戸市中央区北野町2丁目に誕生します。計画地は、神戸北野・山本地区の中でも初期に開発されたエリアに位置し、現存する異人館の中で最も古いサッスーン邸の隣りでの計画。まさに神戸発祥という土地の記憶とともに、より神戸北野らしい住まいづくりを継承していく使命があるプロジェクトです。
 [T h e G a t e d]をコンセプトに、限られた12 邸を門と塀で囲み、住人以外の出入りを制限し、護りながら、暮らしの質を高めます。建物は、英国では一般的な1棟を左右で分割して2邸を配するセミデタッチドハウスの分散配置による邸宅手法を採用しています。一軒では実現できない独自の特徴を内包した、北野町の歴史的景観の保全を次代へ受け継ぐことができる画期的な方式です。この神戸ブランドの象徴たる場所に、神戸開港15 0 年目を迎える平成2 9 年の入居開始に向け、新発想の低層集合邸宅をご提案いたします。

【神戸ハウス北野】の主な特徴
1.高いセキュリティ性
戸建住宅とは異なり、街区全体が門扉と塀で囲まれているため、敷地内への不要な侵入を未然に抑止。高い安全性と安心感が得られます。
2. 独立性と開放感
いわゆるマンションとは異なり、一邸ごとに独立した住環境を形成。天井の高い大きな住空間を創出し、上下階に対する音の気遣いも不要です。
3. 街全体で維持管理
街区内共用部の植栽をはじめ、清掃、街灯メンテナンスなど、住み手にお手間をかけない管理体制で維持。街全体で美しい財産価値を継続します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/11776/2/resize/d11776-2-614781-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/11776/2/resize/d11776-2-322521-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/11776/2/resize/d11776-2-768706-2.jpg ]

■物件概要
名称/神戸ハウス北野
所在地/神戸市中央区北野町2丁目25番4、他(地番)
交通/JR神戸線「三ノ宮」駅徒歩12分、阪急神戸線・神戸高速線「神戸三宮」駅徒歩12分、
   山陽新幹線・神戸市営地下鉄西神・山手線・北神急行北神線「新神戸」駅徒歩8分
地域・地区/第二種中高層住居専用地域、第三種高度地区、北野町山本通伝統的建造物群保存地区、
景観計画区域(北野町山本通都市景観形成地域)、宅地造成工事規制区域、準防火地域
敷地面積/2,030.03m2 (道路後退面積15.12m2 含む)
総戸数/12戸
構造・規模/木造軸組工法(住宅部分)、2階建て、2戸連棟建て
住居専有面積(壁芯面積)/99.81m2 ~118.51m2
分譲後の権利形態/敷地:区分所有者全員の住居専有面積持分割合による所有権の共有
         建物:区分所有
竣工予定/平成29年1月下旬

■お問い合わせ先
神戸ハウス北野・ギャラリー(株式会社キューブ内)
TEL:0120-669-517
営業時間:10:00~18:00(水曜日定休、ただし祝日は営業)

情報提供元:京阪電鉄不動産株式会社

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ