産経・FNN合同世論調査 内閣支持率、1年7カ月ぶりに不支持が上回る、新型肺炎「不安」85%

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相。左は加藤勝信厚労相=23日午後、首相官邸(萩原悠久人撮影)

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相。左は加藤勝信厚労相=23日午後、首相官邸(萩原悠久人撮影)

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は22、23両日に合同世論調査を実施した。安倍晋三内閣の支持率は、前回調査(1月11、12両日実施)より8.4ポイント減の36.2%で、不支持率は7.8ポイント増の46.7%だった。不支持率が支持率を上回ったのは平成30年7月以来、1年7カ月ぶり。一方、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスへの政府対応については「評価する」との回答が46.3%だったのに対し、「評価しない」が45.3%で評価が分かれた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ