なかなか散らない「桜」咲き乱れ… 政府、野党ともに支持は広がらず

桜を見る会の経緯を説明する安倍晋三首相=11月15日、首相官邸(春名中撮影)

桜を見る会の経緯を説明する安倍晋三首相=11月15日、首相官邸(春名中撮影)

 【政界徒然草】  東京・永田町では季節外れの「桜」が咲き乱れている。先月、共産党が国会で安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の問題を指摘して以降、主要野党の追及はこれ一色と言っても過言ではない。政府は来年度の開催中止を早々に決めたが、その後もさまざまな疑惑が噴出して「散りそうで、散らない」(自民党関係者)状況だ。一方で野党の追及も決め手を欠き、桜には似つかわしくない「泥仕合」の様相となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ