九電、太陽光発電を一時停止へ 大規模停電を未然防止

三井物産がソフトバンクグループのSBエナジーと共同運営する熊本県荒尾市の大規模太陽光発電所(メガソーラー)。

三井物産がソフトバンクグループのSBエナジーと共同運営する熊本県荒尾市の大規模太陽光発電所(メガソーラー)。

 九州電力は11日、太陽光発電や風力発電の再生可能エネルギーの発電事業者に一時的な発電停止を求める「出力制御」を13、14両日に九州地方で実施する可能性があると発表した。離島での実施例はあるが、本格的なものは全国初。日照条件が良い九州では太陽光の導入が急速に進むが、秋は冷房使用が減るなど電力需要は比較的少ない。再生エネの出力制御により、電力の供給力が需要を大幅に上回る場合に起きかねない大規模停電を未然に防ぐ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ