行政“お墨付き”講演で前川喜平氏放言、「ファシズムの音聞こえる」 北九州市教委「中立性」に疑問

政治的な発言が相次いだ前川喜平氏らの講演会。ステージ上やホールの通路上にも人が座り込み、定員を大きく超過していた=14日午後、北九州市戸畑区(中村雅和撮影)

政治的な発言が相次いだ前川喜平氏らの講演会。ステージ上やホールの通路上にも人が座り込み、定員を大きく超過していた=14日午後、北九州市戸畑区(中村雅和撮影)

 文部科学省の前川喜平前事務次官が14日夜、北九州市教委が名義後援した講演会において、「ファシズムの音が聞こえてくる」などと、政権批判を繰り返した。こうした講演会を名義後援したことで、同市教委が「行政の中立性」「公教育の中立性」を損なったともいえ、識者からは批判の声が上がった。(中村雅和)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ