河野氏、地方も縦割り打破促進 高知で先行例視察

 河野太郎行政改革担当相は22日、高知市で図書館を中心にした複合施設「オーテピア」を視察した。図書館は県立、市立を一体化させたもので、県と市の共同運営は全国初の形態。菅政権が掲げる「縦割り行政打破」を地方でも促す観点から先行事例と位置付け、関連施策に生かす考えだ。

 視察後、記者団に「自治体同士が一緒に取り組んだ方が効率的なものもある」と述べ、地方の事情に応じて縦割りを打開すべき施策の洗い出しが必要だと強調した。

 高知県内の起業家とも面会し、事業立ち上げの障壁となる規制の緩和策を巡って意見交換した。南国市では、農家の担い手不足解消策について意見を聴くため、新規就農者支援や耕作放棄地対策に取り組む企業を訪問した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ