公明代表、首相の積極的な記者会見求める「国民不安にメッセージ」

 公明党の山口那津男代表は9日放送のBS朝日番組で、新型コロナウイルスの感染再拡大をめぐる国民の不安を抑えるため、安倍晋三首相が積極的に記者会見を開くべきだとの考えを示した。「定期的にといった固い縛りではなく、国民が不安に思い、首相のメッセージを聞きたい時にはきちんと開いてもらった方がいい」と語った。

 早期の衆院解散・総選挙についても「コロナで現職国会議員も地元に入れない。有権者との対話がないところで、選挙はしないだろう」と重ねて慎重な姿勢を示した。

 敵基地攻撃能力の保有に関しては「先制攻撃なのか自衛のための攻撃なのか、紙一重で区別が付かない」として改めて否定的な意向を表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ