「河野の乱」か!? 陸上「イージス」停止発表の危うさ…代替案も明瞭にせず 「事前に相談なら潰されていた」との声も

 【有本香の以読制毒】

 今日18日は、東京都知事選の告示日。今週はこの話題を書くつもりでいた。3年前の2017年、マスメディアが連日、「小池劇場」で沸き立っていたころ、一人ヘソ曲がりのように、「豊洲市場移転延期は小池百合子都知事の大失策」と批判し続け、著書『「小池劇場」の真実』(幻冬舎)まで上梓した筆者にとっても、因縁浅からぬ、都知事選だ。

 最近の都政の動きから、今回の選挙の争点を論じようと思っていたところへ、別の驚きのニュースが飛び込んできた。

 河野太郎防衛相が15日、突如発表した、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画停止の件である。すでに夕刊フジはじめ各紙が報じたが、依然よく分からないことだらけだ。

 まず、発表のありようからして不可解極まる。河野氏の発表直後、自民党幹部と国防族議員らは怒り心頭となった。「聞いてねぇよ」というわけだ。一瞬、4年前に小池氏が突如、「豊洲市場移転延期」を独断し、メディアに発表したときのことを思い出したが、あれとはさすがに事情が異なる。

 河野氏は、小池氏のように自民党にケンカを売る必要がない。だが、それならなぜ、大政局にもつながりかねない重要な事柄を、与党に一言の相談もせず、突如発表したのか。

 自民党内からは「あれが河野太郎スタイルだ」との声がある。閣僚になる以前、河野氏は党の政策とは異なる「脱原発」を唱えるなど「一匹狼」的な言動で知られていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ