河井案里、克行夫妻が自民離党の意向

 昨年7月の参院選の公職選挙法違反事件をめぐり、自民党の河井案里参院議員と夫で前法相の克行衆院議員が離党の意向を関係者に伝えていたことが16日、分かった。党関係者が明らかにした。夫妻は17日にも離党届を提出する方針。

 夫妻をめぐっては、参院選で地元議員や元陣営スタッフら約100人に総額2000万円程度の現金を配布した疑いが強まっており、検察当局は公選法違反(買収)容疑で夫妻を立件する方針を固めている。夫妻はこれまで、買収行為について否定している。

 自民党の二階俊博幹事長は16日の記者会見で、「(夫妻から)状況の説明を聞いて対応したい」と語った。また、世耕弘成参院幹事長は同日の記者会見で「(案里氏)本人が説明責任を果たすべきだが、今日まで説明がなされていないのは大変残念だ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ