地上イージス配備「停止」 落下物の危険回避、大幅改修必要

 河野太郎防衛相は15日、秋田県と山口県で進めていた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を停止すると発表した。イージス・アショアから発射される改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」は発射後、ブースター(推進エンジン)を分離させるが、これを周辺住宅などに落下させないためには大幅改修が必要と判明したため。防衛省で記者団に語った。

 安倍晋三首相には12日に報告し、了承を得たという。今後は国家安全保障会議(NSC)に報告したうえで、閣議で正式に計画停止を決定する方針。

 SM3ブロック2Aは日米両政府が共同開発中の最新鋭迎撃ミサイルで、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)と山口県の陸自むつみ演習場(萩市、阿武〈あぶ〉町)への配備を計画していた。米国側の情報に基づき、ブースターは演習場内か海上に落下させられるはずだと判断し、いずれの地元でもそのように説明していた。

 ところが、日米で協議を進める中で、むつみ演習場でブースターを演習場内か海上に落下させるためにはソフトウエアだけではなく、ハードウエアの改修も必要で、10年以上と見込まれる開発期間と膨大な費用がかかることが5月下旬に判明。計画停止もやむを得ないと判断した。

 イージス・アショアをめぐっては、新屋演習場も住宅地に近く、選定過程の調査データにミスが発覚して地元が反発。政府は今年5月に同演習場への配備を断念する方針を固めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ