吉村知事、USJ営業再開に「『ウイルスとの共存』、難しいがこの道を進むしかない」

 大阪府の吉村洋文知事(44)が8日、ツイッターを更新し、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)が約3カ月ぶりに営業を再開したことに「感染症対策をとりながら、少しずつ社会経済を前へ」と反応。「ウイルスとの共存」の道へ、改めて決意を記した。

 USJはこの日、来場者限定で約3カ月ぶりに営業を再開。年間パスポート所有者で事前予約した大阪府民が対象で、段階的に拡大する。

 新型コロナウイルスの感染防止策として、ゲートでは来場者全員に検温を実施。マスク着用を義務付けるほか、アトラクションを待つ人々には間隔を空けて並ぶようフィジカルディスタンスの確保を求めた。さらに大阪コロナ追跡システムの登録を行い、ジェットコースターや屋内シアターは1列おきに案内。キャラクターとは一定の距離を保ちながら手を合わせる動作をする「エアハイタッチ」で交流してもらう。

 15日からは年間パスを持たない大阪府民を対象に追加。19日からは滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の2府4県在住者のほか、全国の年間パス所有者に広げる。

 吉村知事はツイッターで、USJの営業再開を伝えた記事を引用し、感染防止策を講じた上で経済活動を徐々に戻していくことを強調。「ゼロリスクは目指さない。感染症対策と社会経済の両立、『ウイルスとの共存』、難しいがこの道を進むしかない」とつづった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ