首相、道州制めぐる改憲議論に期待 参院本会議

 安倍晋三首相は29日の参院本会議で、日本維新の会の議員から憲法審査会で道州制の議論を行うよう呼びかけられたのに対し、「ご指摘の点も含め、ぜひ憲法審査会の場で与野党の枠を超えて活発なご議論をいただきたい」と述べた。維新の東徹氏が「参院憲法審が2年半も開かれない異常事態が続いている」として、開催と道州制の議論を求めたのに答えた。

 首相は道州制について、「地方経済の活性化や行政の効率化を実現するための手段の一つで、国と地方のあり方を根底から見直す大きな改革だ」と指摘。そのうえで「政府としても与党と連携しつつ、今後のあるべき姿については御党の主張なども含めて建設的な議論を進めていきたい」と述べた。

 また、維新に対し、「憲法改正について具体的な考え方を示し、各論に踏み込んで真摯(しんし)に議論されていることに敬意を表したい」とも語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ