福島氏、慎重に合流議論 社民、立民と協議は継続

 社民党は23日、東京都内で開いた党大会で、立憲民主党との合流協議継続を盛り込んだ議案を採択した。福島瑞穂党首は記者会見で「議案は通ったが、新党首として地方の声をしっかり聞いていく」と述べ、慎重に党内議論を進める考えを強調した。党大会では地方組織から合流反対論が多く出された。

 幹事長に吉田忠智氏、副党首に吉川元(はじめ)氏が就く役員体制も承認された。合流に前向きだった又市征治前党首は顧問に退く。

 福島氏は会見で、立民との協議について「幹事長レベルで党員が不安に思っていることを詰めていく」と説明。低迷する党勢の回復に関しては「各地で集会をやり、一緒に運動する仲間を増やしたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ