新型肺炎 与野党の党大会直撃 自民、中止や延期、縮小

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自民党は3月8日に予定する党大会の開催について、今月21日の運営委員会で方向性を示す方針を固めた。中止や延期、規模縮小などを検討する。二階俊博幹事長が18日の総務会で明らかにした。国民民主党はすでに党大会の規模縮小を決めており、新型肺炎の猛威は与野党の政治活動にも直撃している。

 「今後の状況を見ながら、規模などを検討していくことが必要ではないか」

 自民党の岸田文雄政調会長が18日の役員連絡会で、党大会の実施について問題提起すると、出席者からは政治資金パーティーの開催に関しても「党の基準を設けるべきだ」との意見が相次いだ。

 二階氏は記者会見で、党大会について「全国から来る方々の出張計画などもあるのできちんと対応したい」と説明。規模縮小に関しては「口で言うのは簡単だが、実行にはまだ知恵が必要だ」と語った。

 影響は議員個人にも及び、自民党の今枝宗一郎衆院議員は20日に根本匠前厚生労働相を呼んで名古屋市で開く予定だった政治資金パーティーの延期を決めた。関係者は「500人に延期のお知らせを送る。希望があれば返金にも応じる」と述べた。

 3月17日の竹下派(平成研究会)のパーティーに関しても派幹部は「会場に消毒液を置いたり、マスクを用意したり、食事を出さない代わりに土産を手厚くするなど対策を考えなければいけない」と頭を抱える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ