なかなか散らない「桜」咲き乱れ… 政府、野党ともに支持は広がらず

 主要野党は国会最終盤に入り、反社会的勢力の招待の有無と、預託商法を展開して破綻した「ジャパンライフ」元会長を首相の推薦枠で招待した疑惑に力を注いだ。招待状を宣伝に悪用したとして、消費者被害が拡大した一因は首相にあるとも訴えた。

 ただ、こうしたキャンペーンが主要野党の評価にははね返っていない。産経新聞とFNNの合同世論調査では、キャンペーンを続ける立民や共産の支持率に劇的な変化はみられない。

 内外に諸課題が山積する中で、桜を見る会への追及が国民の大きな支持を得ているとは言いがたい。政府の説明も深まらず、野党の追及も曖昧なままでは、「桜」が散った後に残るのは国民の深刻な政治不信だけだろう。(政治部 大島悠亮)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ