二階氏「慎重対応に理解」、国民投票法見送り公算

 自民党の二階俊博幹事長は3日の記者会見で、改憲手続きを定めた国民投票法改正案の今国会での成立が見送りとなる公算が大きくなったことについて「急いでいつまでに早くやってしまおうという性質のものではない。慎重に対応することは理解する」と述べた。「できるだけ早い機会に対応できるように今後努力していきたい」とも語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ