参院埼玉補選告示 上田、立花両氏が対決

 参院埼玉選挙区補欠選挙(27日投開票)が10日告示された。NHKから国民を守る党の党首の立花孝志氏(52)と、無所属の前埼玉県知事の上田清司氏(71)が立候補を届け出た。自民党は上田氏が憲法改正論議に前向きな姿勢を示しているとして対抗馬擁立を見送った。立憲民主、国民民主両党県連は上田氏を支援。共産、社民両党の県組織は自主投票とした。

 立花氏は7月の参院選比例代表で初当選した。既得権益打破を訴え、上田氏に対抗する。受信料を支払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」化を掲げ、与党が実現に協力すれば改憲案に賛同するとしている。

 上田氏は旧民主党衆院議員などを経て知事を4期16年務めた。地方重視の政治や行財政改革を主張。「憲法9条は自衛隊の存在が重きをなす条文になっているべきだ」とも述べ、改憲論議の活発化に意欲を示している。

 補選は、8月の埼玉県知事選に初当選した大野元裕氏の参院議員辞職に伴い行われる。立候補を届け出た立花氏は参院議員を自動失職した。N国の比例名簿で次点だった医師、浜田聡氏(42)が繰り上げ当選となる見通しだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ