憲法改正「国会議員に発議の責任」と首相 衆院予算委

 安倍晋三首相(自民党総裁)は10日午前の衆院予算委員会で、憲法改正について「大切なことは国民が国民投票で憲法のどこをどう変えるのか、変えないのかを判断する。そのための議論を行い、発議する責任が国会議員にある」と述べた。

 自民党の葉梨康弘氏に対する答弁。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ