韓国“無礼議長”に米議会も激怒! 超党派が改善促す決議案提出

 だが、文議長は「謝る事案ではない」などと、謝罪と発言撤回を拒否している。文議長は「三権の長」であるうえ、2017年に文大統領の特使として来日した人物であり、とても個人的見解ではすまない。

 安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、「多くの国民が驚きや、怒りを感じたと思う。文議長はその後も同趣旨の発言を繰り返しており、極めて遺憾だ。引き続き、謝罪と撤回を求める」と答弁した。

 河野太郎外相は、ドイツ・ミュンヘンで開かれる国際会議に合わせて、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と15日に会談する方向で調整に入った。当然、文議長の暴言も議題となる。

 永田町内外で、韓国への厳しい意見が強まっている。

 山田宏防衛政務官(自民党)は、《文議長は、元韓日友好議員連盟会長。その本性がこれ》《謝罪がない限り、入国禁止措置をとるべき》《天皇陛下の訪韓も永久にない》などとツイッターで発信した。

 一連の韓国問題に、ほぼ沈黙していた立憲民主党も動いた。

 同党の福山哲郎幹事長は12日の記者会見で、「不適切な発言だ。適切な外交関係を維持できなくなることを非常に懸念している」と、控えめながら韓国を批判した。

 明治天皇の玄孫(やしゃご)で、作家の竹田恒泰(つねやす)氏は13日、夕刊フジに次のように心境を語った。

 「文議長の発言は歴史上、最高レベルの(最悪な)ものだ。天皇陛下は日本の象徴であり、日本国民のほぼ全員を敵に回した。『遺憾外交』で終わらせてはならない。ズバリ、国交断絶すべきだ。長嶺安政駐韓大使を帰国させ、韓国の李洙勲(イ・スフン)駐日大使も『ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)』として韓国に帰ってもらう。そのうえで、日韓両国間の条約をすべて破棄し、国家としての交流を絶つ。もちろん、6月に大阪で開催されるG20(20カ国・地域)首脳会議に、文大統領は呼ばない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ