玉城沖縄知事、自民・二階幹事長と面会 「移設反対」直接伝達 首相とは12日初面会

 沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は11日、自民党本部で二階俊博幹事長と面会し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設について「翁長雄志(おなが・たけし)前知事の遺志を継いで、反対の立場だ」と伝えた。玉城氏が記者団に明らかにした。

 玉城氏は沖縄振興予算について「沖縄が発展することが日本全体の発展にも寄与する」として協力も求めた。二階氏は「県民の暮らしが一番なので、しっかり協力していきたい」と応じたという。自民党は9月の知事選で玉城氏の対立候補を推薦し、敗れた。

 玉城氏は12日、安倍晋三首相と首相官邸で面会する。知事選後初めての面会で、菅義偉官房長官が同席する。玉城氏は首相との面会について「辺野古新基地に反対との県民の総意が私の当選の結果になった。それを踏まえた上での対話になる」と記者団に語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ