西日本豪雨 安倍首相、初動遅れ否定 「政府一丸で全力」

 安倍晋三首相は11日、西日本豪雨への政府対応を巡り初動に遅れがあったのではないかと記者団に問われ「政府一丸となって、災害発生以来、全力で取り組んできた」と否定した。被災地視察で訪れた岡山市で語った。

 豪雨の危険性が指摘されていた5日夜に、首相らが議員宿舎で開かれた飲み会に参加したことを批判する声が出ている。首相は「現場主義を徹底し、被災者生活支援チームを設置した。国が自治体と一体となって対応する考えだ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ