小野寺五典防衛相「何も進んでない」 北朝鮮の核ミサイル問題

 小野寺五典防衛相は30日、山口県宇部市で講演し「北朝鮮は日本に届く弾道ミサイルを、まだ一つも壊していないし、核弾頭も一つも引き渡していない。何も前に進んでいない」と述べ、北朝鮮への警戒を緩めるべきではないと強調した。政府が導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の必要性も訴えた。

 小野寺氏はイージス・アショアを巡り「防衛装備をそろえるには相当時間がかかるが、北朝鮮が『やっぱり対話をやめた』と言うのは一瞬だ。防衛当局は最後まで気を許してはいけない」と指摘した。配備候補地の理解獲得に努力する考えも示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ