大阪北部地震 菅官房長官「2次災害含めきちんと対応」 大阪の公明党国会議員が対応を要請

 菅義偉官房長官は20日、北側一雄衆院議員ら近畿の公明党の国会議員と首相官邸で面会し、大阪北部地震を受け、ライフライン復旧や被災者支援などで万全な対応をとるよう要請を受けた。北側氏らによると、菅氏は「地震に対しては、予断を持つことなく、引き続き2次災害も含めきちんと対応する」と話した。

 北側氏らは住宅や水道、ガスなどの被害状況を点検して必要な措置を講じることや、大雨による土砂災害など2次災害対応に万全の態勢をとるよう要求した。大阪府高槻市でブロック塀が倒れ、下敷きとなった小学4年の女児が死亡したことから、ブロック塀の安全対策の徹底も求めた。菅氏は、「帰宅困難者への対応も検討している」と述べたという。

 北側氏は面会後、記者団に対し「まだ余震も続いている。しっかりと現場の声を聞き、お願いしないといけないことは速やかに政府に求めていく」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ