籠池氏妻、弁護士の稲田朋美氏夫を「ろくな職業ではない」と“口撃”…朝日が触れない財務省交渉記録の中身

 【安倍政権考】

 財務省と森友学園の国有地売買をめぐる交渉記録からは、学園前理事長の籠池泰典被告と妻の諄子(じゅんこ)被告が同省近畿財務局の担当者に激しい言葉を浴びせていた実態が浮かび上がった。稲田朋美元防衛相(59)の夫も当初は「顧問弁護士になる可能性」があるとして登場したが、籠池夫妻の役に立たなかったのか、諄子被告は「ろくな職業ではない」「愛情がない」とこき下ろしていた。

 財務省が5月23日に公表した資料は政治家らの名前は黒塗りにしたが、手違いで一時、インターネットで黒塗り部分を見ることができた。そこに稲田氏の夫の名前があった。最初に登場したのは、平成28年1月8日の学園側と近畿財務局側の応接記録だ。学園への国有地貸し付け契約後に、土地改良費や貸付料について協議していた時期だった。

 記録によると、諄子被告が近畿財務局との電話で、弁護士事務所で財務局担当者との面会を要請した。財務局側が「弁護士のお名前は」と尋ねると、諄子被告は「稲田龍示弁護士である。昔から顧問弁護士をお願いしている」と答えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ