社会の「安倍化」許さず 立憲民主・枝野幸男代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は24日の党会合で、安倍晋三首相がかつて掲げた「美しい国」とのフレーズを持ち出し、政権による一連の不祥事への対応を批判した。「証拠があっても、開き直ればごまかしが利いてしまう。それが首相が言っていた美しい国なのか。『安倍化』が進んでいるが、そのような社会にしてはいけない」と述べた。

 日大アメリカンフットボール部の悪質な反則行為の問題と結び付けるのを「いかがなものかと思うが」と前置きした上で、日本社会のあらゆるところで「安倍化」が進行していると指摘。「国会で開き直る政府に対し、私たちは街頭に出て、国民に呼び掛け、共に政権を倒す」と訴えた。

 共産党の志位和夫委員長は記者会見で、日大アメフット部の前監督らの会見を巡り「選手に責任を転嫁していた。安倍政権も現場に責任転嫁するやり方だ。底なしのモラルハザードが社会全体に悪い影響を与えている」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ