財務省職員、交渉記録の廃棄を指示 昭恵夫人付職員からの照会も

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却をめぐり、財務省が「廃棄した」と説明してきた学園側との交渉記録について、同省理財局職員が廃棄を進めるよう指示していたことが23日、分かった。財務省は同日、衆院予算委員会理事懇談会に学園側との交渉記録と改竄(かいざん)前の決裁文書を提出。記録には、安倍昭恵首相夫人付政府職員からの財務省への照会のやりとりなども含まれていた。

 提出した交渉記録は、平成25年6月~28年6月の学園側との面会や、やりとりなど217件分、約950ページ。職員が手控えとして紙媒体に残したり、パソコン内に保管したりしていた。

 理事懇談会に出席した財務省の富山一成理財局次長は、「深くおわび申し上げます」と陳謝した。

 交渉記録に関して佐川宣寿(のぶひさ)理財局長(当時)が昨年2月以降、国会で「速やかに廃棄している」と答弁。しかし、理事懇談会で財務省は2月下旬以降、答弁と整合性をとるため「保管されていた交渉記録の廃棄を進めていた」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ