枝野幸男立民代表、働き方修正案「全く意味ない」「数の力で押し切るため」 与党と維新批判

 立憲民主党の枝野幸男代表は19日、働き方改革関連法案を巡り大筋合意した与党と日本維新の会の修正案に関し「実質的な修正ではなく、全く意味がない」と批判した。福岡市内で記者団に語った。

 厚生労働省の労働時間調査で相次いで見つかった異常値について「不備な点を除いたというが、全体として瑕疵がある」と指摘。「今国会で数の力で押し切るためにむちゃなことをやった」と非難し、法案を労働政策審議会に差し戻して議論し直すべきだと主張した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ