衆院予算委員会 安倍晋三首相、日朝首脳会談が必要 話し合わないと、拉致問題を完全に解決できない

 安倍晋三首相は14日午前の衆院予算委員会で、北朝鮮による日本人拉致問題について「最終的には日朝で話し合わなければ、問題を完全に解決することはできないと思っている。日本独自の努力で解決していかなければならない」と述べ、拉致問題の解決に向けて北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談が必要になるとの考えを示した。

 首相は日朝首脳会談について「拉致問題の解決につながるのであれば当然、日朝の首脳会談。しかし、首脳会談は(拉致問題の解決に)つながるものでなければいけない。あらゆるルートを通じて日本の考え方を北朝鮮に伝えている」と語った。

 首相は対北交渉の方針に関して「平壌宣言に則って、拉致、核、ミサイルを包括的に解決し、両国間の不幸な過去を精算し、(国交)正常化するという方針に変わりはない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ