国民民主党結成 野党政局も1強多弱!? 立憲民主党がじわり勢力拡大

 新党「国民民主党」結成の余波で、立憲民主党がじわじわと勢力を拡大している。新党不参加を理由に民進党を離党した者をのみ込み、所属議員数を伸ばしているのだ。他党が「大きな固まり」を目指して再編に動けば動くほど、立憲民主党が大きくなるという皮肉な状況が生まれている。

 「物の興廃は必ず人による。人の昇沈は定めて道にあり…。物事が発展するか廃れるかは全て人にかかっている」。国民民主党の大塚耕平共同代表は8日、結党後初の両院議員総会で、ファンを自称する空海の言葉を引用してこう訴えた。

 ただ、肝心の「人」の数では、野党第一党の立憲民主党に差をつけられつつあるのが実相だ。同党は8日の常任幹事会で、小川敏夫元法相ら民進党離党者11人の入党を承認した。これにより立憲民主党の所属国会議員数は、国民民主党の62人に対し73人となった。

 立憲民主党は、すでに野党第1会派が盤石な衆院に加え、参院でも着実に勢力を伸ばしている。小川氏ら新たな入党者に加え、民進党を離党して無所属になった議員も含む計23人の新会派「立憲民主党・民友会」を8日に発足させた。7人だった参院会派の人数を一気に3倍以上に増やし、野党第1会派の国民民主党に1人差まで詰め寄った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ