小池都知事に噛みついた小田原の温泉王、豊洲巡る銭闘の行方

万葉倶楽部の高橋弘会長

万葉倶楽部の高橋弘会長

 「巨額を投じる豊洲の『千客万来施設』は当社の命運をかけた大事業。だからこそ、信頼関係を損なうような都知事の行為は許せない」

 こう憤るのは、日帰り温泉施設「万葉の湯」などを全国展開する、万葉倶楽部(本社・神奈川県小田原市)の高橋弘会長(82)である。

 東京都が豊洲市場を活性化させるために開設を掲げた観光拠点「千客万来施設」の事業者が、公募によって万葉倶楽部に決定したのは2016年3月のこと。しかし昨年8月、万葉倶楽部は突如、事業からの撤退を示唆した。この4月25日が、事業実施の可否の回答期日だったが、「築地の再開発計画が明らかにならないと判断できない」と答え、豊洲市場の新たな問題点として注目されていた。

 話がこじれ始めたのは昨年6月、小池百合子都知事が築地市場の跡地に「食のテーマパークを作る」と発表したことに起因する。

 「築地と豊洲は目と鼻の先。そんな場所に似たような商業施設ができれば、お客さんを食い合うことになって採算が採れなくなる。都知事に説明を求めても本人が出てくることはなかった。我々が事業の可否を判断する前に、まずは都知事に説明、そして謝罪してもらいたい」(高橋氏)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ