菅義偉官房長官「地元の努力と遺産の価値認められた」 潜伏キリシタン世界遺産

 菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)諮問機関が世界文化遺産に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県)を登録するよう勧告した件を歓迎した。菅氏は「地元の皆様の努力と本件遺産の世界遺産としての価値が認められた。勧告通り本年夏の委員会で登録されるよう、政府として全力を尽くしていく」と述べた。

 一方、自然遺産候補「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島県、沖縄県)の登録延期勧告に関しては、「大変残念な結果だが、世界遺産の可能性を有していることや、保護管理の状況について評価は得られた」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ