早くもGW!? 国会で審議拒否続ける野党 気になる解散風

 立憲民主党など主要野党は26日、麻生太郎副総理兼財務相の辞任などを求めて審議拒否を続け、衆参予算委員会の集中審議を欠席した。空席が目立つ審議の様子は、一足早く大型連休が訪れたかのようだ。

 予算委での審議は、主要野党の委員がいない状態で、欠席した党に割り当てられた時間を消化するだけの「空回し」が続いた。

 「審議をしなくてはいけないという考えは認識している。しかし(安倍晋三政権が)何も責任をとらないことが許されるのか。難しい状況の中で、野党が結束して審議拒否をしている」

 民進党の小川敏夫参院議員会長は26日の記者会見でこう持論を展開した。立憲民主党の手塚仁雄国対副委員長も「空回しは全く理屈が立たない。不正常な国会の中で火に油を注ぐようなものだ」と記者団に語り、与党の対応を批判した。

 審議出席を拒む一方で、立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民の6野党は26日、前財務事務次官のセクハラ問題に関する合同ヒアリングなどを国会内で開いた。「職務放棄」との批判をかわす狙いがありそうだが、逆に「委員会や本会議の外で主張を重ねるだけでは国民に伝わらない。国会議員としての責務を果たすべきだ」など与党に付け入る隙を与えてしまった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ