「麻生財務相の発言自体が罷免に値する」枝野氏が批判

 立憲民主党の枝野幸男代表は14日、複数の女性記者へのセクハラ発言を週刊新潮で報じられた福田淳一財務事務次官に関し、調査や処分をしない考えを示している麻生太郎副総理兼財務相の対応を厳しく批判した。「福田氏の言動も問題だが、麻生氏の発言自体が罷免に値する」と強調した。宮崎市で記者団の質問に答えた。

 麻生氏は12日の国会答弁で追加調査や処分をしない方針を示した。13日の記者会見でも「事実ならアウト」と述べる一方、処分については「今の段階で考えているわけではない」としている。

 枝野氏は「これだけ濃厚な疑いが出ている。調査でアウトかセーフか、はっきりさせなければいけない」と強調。「小学生でも分かる話を、天下の財務相が何を言っているんだ」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ