「深刻な憂慮と懸念」 韓国国会議員らの竹島上陸計画 自民党が緊急決議

 韓国国会議員らが竹島への上陸計画を発表したことを受け、自民党領土に関する特命委員会(新藤義孝委員長)は10日、党本部で臨時会合を開き、上陸計画に抗議する緊急決議を採択した。

 決議は「仮に上陸が実行された場合、日韓関係に与える影響は極めて重大で、朝鮮半島情勢をめぐり日米韓の連携が求められる中、深刻な憂慮と懸念を表明する」と明記。同日から訪韓する河野太郎外相に対し、厳重な抗議と上陸計画中止を韓国側に強く要求するよう促した。

 新藤氏は同日、決議文を佐藤正久外務副大臣に手渡した後、記者団に対し「緊密な連携をしなければいけないという思いで日本としても韓国に対応をしてきた矢先に、こうした信頼を裏切るような行為が行われることは極めて遺憾だ。間違いないく日韓関係にマイナスの行為だ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ