希望・玉木雄一郎代表、新党結成は「解散総選挙の最低限の備え」

 希望の党の玉木雄一郎代表は6日のBS朝日番組収録で「一番気にしているのは解散総選挙だ。解散を受けて立つのではなく迫らなければならない」と訴えた。

 その上で、民進党との新党結成を念頭に「選挙のための最低限の備えをしなければならない」と強調した。希望の党は、9日に両院議員懇談会を開いて新党構想について論議した後、来週中にも民進党と「新党協議会」を発足させる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ