自民党大会 安倍首相、憲法改正に改めて強い決意 道筋は困難

 安倍晋三首相(自民党総裁)は25日の党大会で、憲法改正に強い意欲を示した。特にこだわる9条改正案は、石破茂元幹事長らの訴えをねじ伏せ党大会での条文素案提示にこぎつけた。ただ、財務省の決裁文書改竄問題で内閣支持率が急落する中、国会で早期に発議する見通しは立たない。振り上げた拳の持っていき場がなくなれば、3選がかかる9月の自民党総裁選にも悪影響を与えかねない。

 「いよいよ、結党以来の課題である憲法改正に取り組むときが来ました」

 首相は党大会の演説で、力を込めて語り出した。

 首相は18日の防衛大学校卒業式で任官したばかりの自衛官から「服務の宣誓」を受けた場面を述懐した。「彼らは国民を守るために命をかける」とたたえた。

 続いて、自衛隊の厳しい現状を訴えた。「いまだに多くの憲法学者は憲法違反だと言う。ほとんどの教科書にはその記述があり、自衛官の子供たちもこの教科書で学ばなければならない。このままでいいのか」。その上で、憲法に自衛隊を明記することが「今を生きる政治家の、自民党の責務だ」と言い切った。

 党大会で条文案を示し、4月以降は衆参の憲法審査会で自民党案を集中的に議論する。公明党と同時並行で改憲案策定に向けた与党協議を重ね、年内に国会発議する-。こうした青写真は、安倍内閣の支持率急落で崩れつつある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ